ケイシーの事情

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・プリンスパークタワー東京2017 その3(プレミアムコーナーキング:バスルーム・眺め)

<<   作成日時 : 2017/12/17 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ザ・プリンスパークタワー東京、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2017年7月利用)〈The Prine Park Tower Tokyo〉


 さて、バスルームには、窓があり、いわゆるビューバスもどきになります。ただし、左側に出っ張っている部分があり、東京タワーは見えません。
 また、バスタブは窓の対し垂直、それは良いのですが、カランが奥側というか窓の反対側にあります。頭を置けないので、窓を背にしてバスタブに入るようになります。窓がある意味がないでしょー、という感じです。
 
 そのためなのか、プリンスの公式サイトでは、コーナールームには、ビューバスの表記はありません。一休.comですと、ビューバスとなっています…とはいえ、バスルームに窓があれば、外光が入り、気分は良いですね。

 バスルームは、デザインは一昔感がするのでリニューアルされてないようですが、補修はされているようで、劣化した感じはしませんでしたね。

 さて、眺めですが、東京タワービュー確約プランでありませんでしたが、東京タワーが見えました。しかし、夜ですが、この日は何かの事情か、ライトアップが20時すぎ中断?されてしまいました。地球温暖化防止のイベントかなんかだったのでしょうか。なぜか、0時を過ぎてから復活してましたが…

 東京スカイツリーも見え、ダブルタワービューでした。窓に顔をくっつければ、東京湾も見えましたし、汐留の高層ビル群も見えました。虎ノ門ヒルズも当然です。
 




画像

 バスルーム、入ったあたりです。窓があるので明るいです。



画像

 シンク周りです。
 タオル類は、ハンド2、フェイス2、バスタオル2、バスマットがバスタブとシャワーブースに1枚づつありました。




画像

 バスアメニティはCOビゲロウでした。シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションとあります。また、マウスウォッシュなどもありました。




画像

 ホテルオリジナルのバスソルトです。




画像

 バスタブです。カランが奥、廊下側にありますので、窓を背にしてはいるようになります。ハンドシャワーが見えますが、清掃用です。




画像

 ブローバスでした。金属製の穴から泡が出ます。これは気持ちよいです。








画像

 シャワーブースです。レインシャワーではありませんでした。




画像

 シャワーブース内にも、バスアメニティが1セットあります。




画像

 トイレです。



画像

 窓側から、バスルームを撮影。




画像

 クローゼット、右半分。スリッパが見えます。





画像

 クローゼット、左半分には、バスローブがあります。




画像

 窓方向です。




画像

 東京タワーがベッドルーム側から見えます。




画像

 正面の眺めです。下には増上寺があり、その向こうに低層の東京プリンスホテルが見えます。そして、愛宕山ヒルズ?が見え、虎ノ門ヒルズも見えます。



画像

 右手の眺めです。



画像

 右手、奥の眺め、東京湾が見えます。




画像

 汐留の高層ビル群です。コンラッド東京が見えます。




画像

 東京スカイツリーです。




画像

 トワイライトな東京タワー。




画像

 夜の東京タワーです。




画像

夜景です。


 次回は、プレミアムクラブラウンジの紹介をします。


 ザ・プリンスパークタワー東京2017 その4(プレミアムクラブラウンジ:ティータイム)

 ザ・プリンスパークタワー東京2017 その2(プレミアムコーナーキング:ベッドルーム)に戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ザ・プリンスパークタワー東京2017 その3(プレミアムコーナーキング:バスルーム・眺め) ケイシーの事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる