羽田 新国際線ターミナル(一般エリア)

 さて、10月21日より、営業を開始した羽田新国際線ターミナルに行ってまいりました。

 もちろん海外に出かけるのではなく、国内線を利用する前にちょっとだけ立ち寄りました。そのため、誰でも入れる一般エリアのみの撮影で、出国(制限)エリアの写真はありません。

 すでに、ウェブ・ブログ上には大量の記事・写真が公開されているので目新しさはないでしょうが、今のタイミングを逃すと、1年後くらいに、開業時はこうだったと振り返りの時まで、お蔵入りになりかねないので、今、公開しておきます。

 羽田には最寄り駅からに直行バスが一番便利なのですが、新駅も利用したくて、モノレールにしましたね。

 たしかに、改札出るともう、チェックインカウンターが見えるのには驚きです。思っていたより大きかったのですが、国際線ターミナルとして、ハブ空港を目指すにしては小さいのかな、という感じです。
 
 空港利用者より空港見学者(つまりわたしのような人たち)が明らかに多い羽田新国際線ターミナルでした。



画像

 モノレール駅ホームです。




画像

 羽田空港国際線ビル駅。ターミナルではなく、「ビル」駅だったのね。





画像

 改札の数が少ない感じがします。





画像

 改札を出ますと、3階となる国際線出発ロビーに続いています。ちなみに到着ロビーは2階になります。





画像

 そして、国際線のチェックインカウンターが目に入ってきます。





画像

 国際線チェックインカウンターです。





画像

 中央のエスカレーターを上がり、撮影しました。ANAが中心のサイド。まだ、定期便就航の前のためか、ガラガラです。




画像

 こちらはJALがメインのサイド。




画像

 中央のエスカレーターの上がると4階に、話題の江戸小路・江戸横丁・江戸舞台があり、5階にはTOKYO POPTOWN、プラネタリウムなどがあるそうです。江戸小路は知っていましたが。江戸横丁・舞台は初耳です。
5階には時間がなく行きませんでした。





画像

 その4階の中央には舞台?鳥居?がありましたが、これが江戸舞台?、何かのイベントが始まるようですが、急いでいたので通り過ぎます。




画像

 さて、やっと江戸小路へ。Tシャツ屋さんですね。小路というだけあって狭いので、土日なんかは相当人でいっぱいになりそうです。




画像

 こちらは、すき焼き?の名店ですか。




画像

 帰りには、修学旅行らしい中学生の大群が押し寄せます。間一髪ですれ違いました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りゅうこ
2010年11月05日 13:34
こんにちは。

私は先週、まったくの100%見学で行ってきました。
本当に私のような人々で混雑していました(笑)

ケイシーさんは国内線ご利用の前に寄られたのなら、立派な空港利用者です。JAL利用でしたか?国内線新しいチェックイン~ラウンジ体験なさったのでしょうか。私もカウンターと扉など、第一ターミナルも見学してきたのですが、自分で体験しないことには、まだ信じられなくて。。。。。
ケイシー
2010年11月07日 09:49
 りゅうこさん、こんにちは!ケイシーです。
 コメントありがとうございます。

 JAL利用でしたよ。大丈夫です。心配する必要はありません。ちゃんと専用保安検査場ありましたよ。ただ、スタッフによる案内は始まったばかりなのに一切ありません。りゅうこさんの事前情報がなければ、下手したら一般の入口に行っていたかもしれません…

 ラウンジも体験しました。こちらはびっくりでした。
 いつになるか分かりませんが、なるべく早めに記事を公開しますね。
りゅうこ
2010年11月08日 16:08
やった~!!そのお言葉を待っていました。

案内もなかったなんて、、、何故でしょう。大した問題でないとお考えなのでしょうか。
それとも、できれば知られたくない?のでしょうか。
一度に大勢来ちゃったらさばききれないとか??(笑)
知ってる人だけが得をする、みたいなサービスは世の中にいろいろ存在しますものね。でもこれは~~

大変うれしいご報告ありがとうございました。
とき あき
2014年03月30日 23:16
羽田に再び国際線が飛ぶなら、
成田は何故造ったのかしら?

ところで飛行機のお話しです。
私は早く日本にもSST超音速旅客機が、
就航して頂きたいと思って居ります。
こう書くと荒唐無稽に思われるかも知れません。

コンコルドは商業的には失敗と言われてます。
それにもう退役しました。
しかしボーイング社その他は次世代のSSTを開発中。

やはり今の飛行機では時間が掛かります。
欧米諸国までは半日、南米までは丸一日掛かります。
せめて速度が2倍なら所要時間は半分。

コンコルド最大の失敗要因は騒音(ソニックブーム)。
これをクリアし大量生産がすればコストも下がる?

一方総2階建てのエアバスA380にも関心が有ります。
これからの交通は速さ・早さor豪華なサービス。
とき あき
2014年04月01日 13:13
3月31日をもって全日空のボーインク747-400Dが退役。
通称ジャンボジェットは日航からは既に退役。
これでジャンボは日本の航空会社から全て引退との事。
因みに海外ではまだ現役との事。
ケイシー
2014年04月01日 23:45
 2000年のエールフランス機墜落は衝撃的でしたね。
 コンコルドについては、いろいろと問題がありましたね。

 私も全席ファーストクラス(FC並みの料金で、でも座席は狭いけど)というのに憧れて、いつかは乗りたいなと思っていました。
 
 新型SSTを成功させるにはやはり、経済性が重要でしょうね。機体を安くするのもあるし、運行上ある程度の乗客数が必要でしょう。
 

この記事へのトラックバック