ヒルトン名古屋 その1(エグゼクティブダブル・ベッドルーム) 

2012年7月にヒルトン名古屋を利用しました。

 エグゼクティブダブルを一休.comより予約で2万5千円ほどでした。

ヒルトンは、名古屋駅から地下鉄で一駅の伏見駅が最寄り駅になります。今回は急いでいたので、タクシーで向かいます。小型で800円ほどでした。

 ドアマン、ベルボーイへの連絡はスムーズ、ベルボーイは韓国人の長身イケメン君、なまりのない日本語を話します。エグゼクティブフロア利用のため、26階のラウンジに向かいます。

 チェックイン待ちの間に17時からのハッピーアワー(カクテルタイム)になり、スパークリングワインをいただきます。

 客室はスタンダードなダブルルーム、眺めは名古屋駅側となりました。




画像
入り口付近より撮影しました。客室の広さは30㎡+位です。シンプルなインテリア、リノベーションはしているので壁等はきれいでした。




画像
ベッドです。クッションとかベッドスローとかがないのが、個人的に好みです。
ベッドサイドにはiPOD対応のアラーム時計がありました。





画像
バスルームが狭いがゆえに、窓際に余裕のスペースがあります。二人掛けのソファーがあるとゆったりできます。





画像
デスクはこんな感じです。




画像
デスク上には、ウェルカムお菓子が置いてありました。ホテルオリジナルでした。フルーツよりこの方が良いですね。






画像
TVはソニーの32型、リクエストしておいたDVDプレイヤーは台湾製?でした。
横にヴォーグ等の厚い雑誌が置いてありました。





画像

お茶コーナーです。無料のものはミネラルウォーター、インスタントコーヒー、緑茶、紅茶、カモミールティーといったところです。





画像
冷蔵庫の中身はこんな感じです。ビールは750円、ソフトドリンクは500~600円でした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック