ハイアットリージェンシー京都 その2(デラックスツイン:バスルーム・眺め・その他)

2012年8月に利用したハイアットリージェンシー京都のバスルームなどの紹介です。


 バスルームはゲストルームとほぼ同じです。洗い場式のバスルームは快適ですが、パウダールームとの間に段差があるのは、良くないですね。構造上、対応が出来なかったのでしょうか。






画像
さて、バスルームです。くもりガラスの奥が洗い場です。






画像
シンク周りはこんな感じです。左側に無料のミネラルウォーターが2本、椅子なんかもあります。






画像
引き出しには、歯ブラシやボディーローション等のアメニティがあります。以前は紙製の箱に入っていたのですが、ビニール袋の包装に代わりました。引き出しに並べるのでしたら紙製のほうがきれいに見えますね。






画像
バスタブは大き目で深くて快適です。






画像
シャワーはバーで高さを調節するもの、レインシャワーではありませんが、シャワーヘッドは特大です。





画像
バスアメニティが、以前のハイアットリージェンシー共通タイプより変わっていました。
PHARMACOPIAなる原産国がマレーシアのものでした。京都独自のものか、ハイアット共通タイプがこれに変わったかは、2012年ハイアット系をあまり利用しなかったので不明です。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、固形石鹸です。







画像
トイレはいたって普通です。ドアがありますので仕切れます。






画像
クローゼットです。バスローブがあります。奥行きがなく、ハンガーが壁と平行にかける使いにくいものです。若干、ゲストルームより広いかもしれません。






画像
引き出しには、ナイトシャツなど。スリッパもあります。





画像
眺めです。中庭ビューです。和な眺めです。ロビーフロアよりワンフロア、横にある道路から2フロアから2.5フロア低くなっていますので、光の量が少ないです。





画像
左手を見ると、レストランが見えます。なので、向こうからも見えてしまいます。そのため、前述したようにレースのカーテンが特殊になっております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ハイアットリージェンシー京都の宿泊記

    Excerpt: ハイアットリージェンシー京都〒605-0941京都市東山区三十三間堂廻り644番地2TEL 075-541-1234FAX 075-541-2203 ハイアット リージェンシー 京都ハイアット リー.. Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集 racked: 2013-01-19 09:37