ペニンシュラ東京 その1(デラックスキング:パブリックスペース)

 2012年9月、ペニンシュラ東京に宿泊してきました。


 当ブログでは初登場のペニンシュラ東京です。
 ここのところ、ペニンシュラ東京のレートが高どまりといった感じで、5万円を用意しないと泊まれない感じで、前回利用してから結構間が開いています。
 開業当時こそは、6万円台のレートを見ましたが、利用してもらわなきゃ良さを分かってもらえないということで、一時期3万円台のキャンペーンを行っていましたね。また、東日本大震災があった2011年も、利用はしませんでしたが格安レートが出ていたと思います。

 そんなとき一休.comより、ペニンシュラ東京を3万円台で利用できるプランが載ったVIPメールが届きまして、これはチャンスと宿泊した次第です。

 いつもながら、公共交通機関でホテルに向かいます。ホテル直結の連絡口もあるのですが、いったん地上に出て、メインエントランスよりホテルに向かいます。しかしながら、荷物が少なすぎるため、宿泊客と認識されず、ドアマンに挨拶だけは受けますが、そのまま、フロントに向かうことになります。

 前回までも感じていたのですが、こじんまりというより、小さすぎるフロント周り、座って待つスペースもほとんどありません。予約はスーペリアルームなのですが、デラックスルームにアップグレードになりました。

 朝食について確認すると、1F「ザ・ロビー」でのセットメニューだけとのこと。以前、中華の「ヘイフンテラス」を会場にした朝食ブッフェを利用したことがありました。その後、宴会場に変わったり、最上階の「Peter」で提供したりして、迷走している感があったのですが、提供そのものが中止になったのですね。



 
 






画像
ペニンシュラ東京、外観です。






画像
メインエントランス、車寄せ付近です。





画像
「ザ・ロビー」エントランス側より撮影しました。天井が高くなかなかの雰囲気です。





画像
奥にあるオブジェです。何度見ても不思議。






画像
こちらは、地下鉄からの連絡口です。






画像
ホテルに続く通路もなかなかの雰囲気です。






画像
その途中というか、地下1階の「ザ・ペニンシュラブティック&カフェ」の調理場が見え、パティシエたちが忙しそうに働いております。





画像
美味しそうなケーキ?ですな。




画像
さて客室に向かいます。1F、エレベーターホール前のオブジェです。





画像
そして、客室階のエレベーターホールです。





画像
廊下です。




画像
客室ドア前です。





 次回は客室の紹介となります。


 ペニンシュラ東京 その2(デラックスキング:ベッドルーム)

  ペニンシュラ東京 その3(デラックスキング:バスルーム・ドレッシングルーム)

  ペニンシュラ東京 その4(デラックスキング:眺め・その他)


  ★ホテル宿泊記地区別一覧







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

とき あき
2015年12月13日 19:21
ペニンシュラは眺望を気を付けないと行けません。
皇居や日比谷公園側の高層階の客室なら良いですが。

ところでペニンシュラってクラブラウンジが無いんじゃありませんか。
私聞いたら無いって言われました。
ケイシー
2015年12月14日 22:49
 ペニンシュラは一部の客室を除き、基本眺めが悪い、と思っています。その代り、客室は最高といった感じです。まあ、眺め重視になっているのと料金の問題で、利用遠のいていますが…
 そうです、クラブラウンジはありませんでした。

この記事へのトラックバック

  • ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記

    Excerpt: ザ・ペニンシュラ東京〒100-0006東京都千代田区有楽町1-8-1 TEL 03-6270-2888 FAX 03-6270-2000ザ・ペニンシュラ東京のお得なプランを探そう! .. Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集 racked: 2013-02-11 22:00