インターコンチネンタル大阪、開業日決定

 今年(2013年)開業予定のインターコンチネンタル大阪の開業日が6月5日に決定しました。



 3月15日の発表によれば、大阪駅北側の再開発エリア「うめきた」に建設された複合施設グランフロント大阪・タワーCに、インターコンチネンタル大阪が6月5日に開業するとのことです。ホテルはタワーCの1階から4階と20階から32階を占め、客室数は215、客室の広さは、ほぼ50㎡以上とのことです。26階から28階はクラブインターコンチネンタルフロアになるとのことです。また、関西圏では初の長期滞在者向け「サービスレジデンス」57室が29階から最上階32階に配置されます。

 料金は繁忙期で4万円前後を想定しているので、リッツカールトン大阪、セントレジス大阪がライバルになるでしょうか。クラブフロアもありますし、同じ大阪駅周辺のホテルでもあるリッツとはいい勝負になるでしょう。

 今後の大阪ホテル戦争?の行方が楽しみでもあります。




画像
写真中央にあるビル、グランフロント大阪・タワーCが、インターコンチネンタル大阪になります。(撮影は2012年にしたものです。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック