ホテルニューオータニ その1(タワーデラックスダブル:ベッドルーム)

 2013年1月ホテルニューオータニ、タワーデラックスダブルに宿泊してきました。



 今回も一休.comより予約、2012年も利用したタワー館のアップグレードのプランです。予約時に、空気がきれいなうちにと、西側富士山ビューをリクエストしておきました。いざ、チェックインに向かうと、なんと予約が入っておりませんでした。
 その場で、客室は用意してくれましたが、富士山ビューは不可でした。その代り、タワー館最上階、39階が用意されました。

 南仏、コートダジュールをイメージしたこの客室のインテリアは個性的です。最新のモダンなインテリアでもなく、ヨーロピアンの重厚さもないのですが、微妙なレトロ感も感じるいい雰囲気を醸し出していました。
 ベッドをもっといいものに変えてくれれば、言うことないんですがね。


 



画像
タワーデラックスルーム、入り口付近より撮影しました。リビングルームが半独立しているジュニアスイートタイプです。





画像
客室に入ったところにある、デスクです。前回利用した部屋ははデスクはなく、カウンターがありました。





画像
客室入り口付近、デスク、ミニバー付近の壁です。独特な雰囲気を出しています。





画像
リビングルームです。カーペットがアートな雰囲気。





画像
TVはシャープ32型でした。






画像
客室入り口付近すぐにあるお茶コーナーです。




画像
グラス類はタンブラー2ケのみと少なめです。あとマグカップが二つありました。ミニチュアウィスキーもあります。






画像
冷蔵庫内です。缶ビールが630円でした。





画像
奥にベッドルームがあります。リビングとの区切りは、パステルな4枚の布です。





画像
ベッドはダブルでした。デュペではなく、淡くバラの模様が入ったベッドカバーです。最近の高級ホテルのベッドと比べるとちょっと不満です。
 読書灯は天井からのスポットライト式でした。





画像
ベッドサイドテーブルは片側のみ。





画像
ベッドボードが、まさに地中海、コートダジュールな雰囲気…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ホテルニューオータニの宿泊記

    Excerpt: ホテルニューオータニ 〒102-8578東京都千代田区紀尾井町4-1TEL 03-3265-1111FAX 03-3221-2619エグゼクティブフロア特集 ホテルニューオータニホテルニューオータニ .. Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集 racked: 2013-07-11 01:20