ホテル日航東京 その1(レインボー・タワービューツイン:パブリックスペース・ベッドルーム)

2013年6月、ホテル日航東京に宿泊しました。


 当ブログ、初紹介です。 JALホテルズのサイトより予約しました。平日利用、眺めの良い部屋をお得な料金でGETしましたね。

 さて、今回も公共交通機関利用でホテルに向かいます。最寄駅は「ゆりかもめ」の台場駅です。線路を挟んで、グランパシフィックやフジTVなどがあります。ベイエリア観光にはよいですが、ビジネスや一般的な観光だとちょっと交通が不便な感じがします。

 
 客室は、クリーム色を基調としたシンプルなインテリア、最近補修はしているようで、きれいでした。広さは40㎡ほどでまずまず、小さいのですがベランダもあります。

 予約サイトの客室の説明にビューバスという文字もありましたが、ベッドルーム越しに外も見えなくはない、似非ビューバスでした。洗い場付きで快適ではありましたが。

 このホテルの特徴は何と言っても眺めです。客室名のレインボー・タワーの名の通り、レインボーブリッジの向こうに東京タワーが見え、東京スカイツリーも同時に見ることができます。
なお、眺めによって、細かくカテゴリーが分れていますので、予約のときは良く確認することをお勧めします。
 







画像

ホテル外観です。海側から撮影しました。弧を描いた独特な形をしています。




画像
駅側連絡口の反対側の1階にメインエントランス・車寄せがあります。





画像
2階ロビーです。一昔前の日本のホテルですので、吹き抜けがあり立派です。





画像

2階ロビーの奥にあるフロントです。フロントの後ろにはライトアップされたレインボーブリッジが見えきれいでした。





画像
廊下はいたって地味。まっすぐではなくカーブしています。





画像

客室入り口より撮影しました。天井灯があるのは珍しい。





画像

ベッドはツインです。マットレスが厚く、意外に立派でした。





画像

外に向いて、ソファーがあります。




画像

デスク・TV方向です。TVはパナソニックの32型でした。





画像

デスク周りのコンセント、端子類は意外にも豊富で、HDMIやUSBパワー端子などもありました。たしか、ベッドサイドにもコンセントがありました。





画像

ベッドルームとバスルームの間にはこのような扉があります。ガラスなどはなく、素通しです。





画像

お茶コーナーです。タンブラー、ロックグラス、ワイングラスがなぜか三つづつあります。トリプル利用がメインなんでしょうか。無料のものはインスタントコーヒー、紅茶、緑茶でした。






画像

冷蔵庫の中身はこんな感じです。缶ビールプレミアムモルツが840円、スーパードライが630円、ソフトドリンクが315円~420円でした。


  次回は、バスルーム、眺めを紹介します。

 (その2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき そら
2013年12月17日 13:29
台場と言えば日航とグランパシフィック。
私はこのホテルは利用した事が有りません。
グランパシフィックは利用しました。
台場と言えばレインボーブリッジの夜景という印象。
グランパシフィックを利用した時は羽田空港側でした。
開けた景色に沢山の飛行機は予想外に良かったです。
ケイシー
2013年12月17日 22:36
そういえば、メリディアンて、相当前に名前からはずれていましたね。修正しておきます。

私は逆にグランパシフィックには泊まったことはありません。飛行機が眺められるのは魅力的に感じますね。
とき そら
2013年12月20日 22:48
空港のラウンジも取り上げてるケイシーさん、
だったら客室から見える羽田空港は良いかも。
駐機場も上空も沢山の飛行機。

空港内のラウンジは無料で利用出来ますの?。
以前も記しましたがラウンジ利用出来なくて。
もう悔しい~。(>_<)
ケイシー
2013年12月21日 22:49
飛んでいる飛行機だけじゃなく、空港が見えるなら、なおさら良いですね。夜の空港好きです。

ラウンジはクレジット会社のラウンジとJAL系のラウンジが利用できます。

この記事へのトラックバック