続 週刊東洋経済「ビジネスマンのための最強のホテル」を読んで

 さて、2014年3月22号の特集を読んでの感想、続編です。



 特集のパート2は厳選ランキングです。
 プチ贅沢部門、1位は名古屋マリオットアソシアホテル、コストパフォーマンス(コスパ)部門1位は、ロッテシティホテル錦糸町でした。
 全国13エリア別(東京や主な政令指定都市)ランキングが続きます。
 目についたのは、昨年新宿歌舞伎町に開業した「新宿グランベルホテル」、通販大手ベルーナが手掛けたデザイナーズホテル、380室の客室に37種の客室タイプがあるとのことです。


 そして、プロ40人が選ぶ「いつかは泊まりたいホテル」の1位はザ・リッツカールトン京都、2位タイでマンダリンオリエンタル東京、ザ・ペニンシュラ東京とあり、4位タイでパークハイアット東京、東京ステーションホテルとなっています。
 外資系ホテル、東京のホテルが強いですね。ちなみに20位内に沖縄のホテルが二つ入っています。まだ、未開業のアンダーズ東京が14位タイなのはなぜでしょう。開業したばかりの大阪マリオット都ホテルも14位タイにあります。期待度が高いということでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック