ロイヤルパークホテル(3) その2(エグゼクティブスタンダードダブル:バスルーム・眺め)

ロイヤルパークホテル、今回はバスルーム、眺め等の紹介です。(2013年12月宿泊)



 バスルーム、昔ながらのシティホテルの真ん中トイレ、片側にシンク、片側にバスタブ、そしてちょっとくたびれている、というイメージで入ってみると、あたらしくて、ピカピカ、そして洗い場式であり、レインシャワーまで付いちゃっているんでびっくり。バスタブも新しいだけでなく、こじゃれています。
  ラウンジだけでなく、客室のリニューアルにも着手したんですね。やる気を感じます。それなら、リニューアルルームとして高く販売してもよいのに普通に販売しております。公式サイトを確認してもリニューアルとの情報は掲載されていません。一部だけなので、宣伝してないんでしょうか。

 あと、シンクのお湯の出が悪いトラブルがあり、技術スタッフが来て修理。それは良いのですが、靴でマットを汚すのはちょっと嫌でしたね。




画像
バスルーム、入ったあたり、酔っぱらっていましたが、明らかに以前と違うことに気づきましたね。






画像
シンク周りはこんな感じです。






画像
バスアメニティは、ホテルオリジナルであまり高級感は感じられません。私的には十分ですが。小物は結構あります。




画像
洗い場式バスルーム。おそらくベッドルーム側に拡張していると思われます。





画像
バスタブも単に新しいだけでなく、楕円形でプラスティック製ながらバスピローも付、通常より高いものを設置したと思われます。







画像
そしてレインシャワーまで。




画像
クローゼットです。まあ、これは普通です。







画像
フロア図です。下が隅田川側、左が東京駅方面ですね。普通に考えて、眺めが良いと思われない上側、右側に広いデラックスルームが配置されているのが不思議です。現在では、右斜め側に東京スカイツリーが見えますが…






画像
眺めです。すぐ下に首都高のジャンクションが見えます。




画像
こちらは、隅田川方向です。




画像
夜はこんな感じです。




画像
夜の川側です。




画像
全然季節感が今と違っていて申し訳ないのですが、年末だったのでたる酒が飾られていました。




画像
こちらは、ロビーに飾られていた大凧です。外国人(日本人も)観光客の記念写真スポットになっていました。



 次回はエグゼクティブラウンジの紹介をします。


 (その3)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック