ケイシーの事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マリオットホテル&大阪マリオット都ホテル(イントロダクション)

<<   作成日時 : 2014/05/06 18:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 今年(2014年)の3月に、昨年(2013年)開業した東京マリオットホテル、3月に開業した大阪マリオット都ホテルに宿泊してきました。


 マリオットと聞けば、まず名古屋を思い浮かべたものですが、昨年12月に品川の御殿山ガーデンにあったホテルラフォーレ東京がリブランドしてマリオットとしてオープン、今年3月にすでに当ブログで一部紹介しています大阪マリオットが開業、4月には東京駅そばにコートヤードバイマリオット東京ステーション、2014年中にコートヤードバイマリオット新大阪ステーションを開業予定であり、まさに日本に大攻勢をかけている感じです。

 東京・大阪以外の、沖縄においても、すでに2005年沖縄マリオットリゾート&スパ開業しており、同じマリオット系のルネッサンスリゾート沖縄もあります。リッツカールトンもマリオット系列でありまして、大阪、東京は言うまでもないでしょうが、沖縄、京都にも最近開業しているのはご存じのとおりです。

 また、札幌には以前よりルネッサンスサッポロ、東京にも地味ですが、コートヤードバイマリオット銀座東武ホテルが以前よりありましたね。(東武ホテルという扱いなんでしょうか?マリオット扱いされてない感じです。)
 リニューアルしたザ・プリンスさくらタワーも、マリオットのブランドの一つオートグラフコレクションの一員になっています。

 
 さて、これから紹介してゆく、東京マリオットホテルですが、マリオット日本大攻勢の象徴にも感じられますね。品川という国際線が増発されている羽田空港にアクセスがより、もちろん新幹線駅もあり、将来はリニアの始発駅も予定されています。
 マリオットが組んだのは、外資系ホテルの誘致で実績がある(というか、ラフォーレのもともとのオーナー)森トラストグループ、大阪はべたべたの日本資本、近鉄都ホテルグループ、今後に期待することにしましょう。

 宿泊記の方は例によって、マイペース更新していきます。順番としては東京より公開していきますので、よろしくお願いします…





画像

東京マリオットホテル外観です。ホテルが入るトラストコートは左側の建物、右側の建物はオフィス棟であるトラストタワーです。
 ホテルは、一棟建ですが、賃貸住宅との共用(フロアで分けているのなく、縦方向で分割?分りにくいですが平面はL字型、建物右手が賃貸部分?)になっています。
 ご覧のように二つの建物は向き合っていますので、一部の客室はオフィスビルビューになってしまいます。




画像
案内板です。オフィス棟や賃貸住宅、付帯施設を含めたものを、御殿山トラストシティと称しています。御殿山ガーデンより名称が変更になったようです。




画像
御殿山トラストシティ案内図です。庭園やチャペルを含む広大なものです。中央の一番広いオレンジ色の部分がオフィス棟・トラストタワー、前述したようにホテルはトラストコート側(左上のオレンジ色部分)にあります。なお、この図では下側がJR品川駅方向になります。






画像
大阪マリオット都ホテルが入る、あべのハルカスです。見れば見るほど不思議な形をしております。



 ・東京マリオットホテル宿泊記

 ・大阪マリオット都ホテル宿泊記

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大阪マリオット都ホテルの宿泊記
Check大阪マリオット都ホテル〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43TEL 06-6628-6111FAX06-6628-6266 大阪マリオット都ホテル大阪マリオット都ホテル(一休.comの施設ガイドページ)大阪マリオット都ホテルのお得なプランを探そう! 一休.com 楽天トラベル じゃらんnet 口コミサイト 一休.com大阪マリオット都ホテルの宿泊記が書かれているブログサイト2014-05-07 あべのハルカス ◆ 大阪マリオット都ホテル ◆ 2014/04/14〜/Y ... ...続きを見る
高級ホテル宿泊記リンク集
2014/05/10 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京マリオットホテル&大阪マリオット都ホテル(イントロダクション) ケイシーの事情/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる