チャイナワールドサミットウィング北京 その1(エグゼクティブルーム:パブリックスペース)

 さて、北京のホテル紹介に戻ります。2014年11月、チャイナワールドサミットウィング北京(国貿大酒店)に宿泊してきました。


 このホテルを利用するのは4年ぶりくらいですか。その時は開業したばかりで、特典満載のオープニングレートで利用できました。朝食付き、アルコールを含むミニバー無料、ウェルカムギフト(マカロンとか)など。そして客室は、このホテルで一番数が多いのプレミアルームでした。当時は円高、そして元ベースでもお安いオープ二ングレートでした。

 今回、まず円高、そもそも元ベースでも料金が高い、それでいてスタンダードルームである(一番狭い)エグゼクティブルームです。プランはB&Bプラン、グリル79での朝食、宿泊者専用ラウンジ「レジデントフォワイエ」のアクセス付ですが、部屋へのギフトはない…
そして、予約時より、さらに円安が進み、最終的には日本円で4万円台後半に…

 ちなみにシャングリラと名前に入っていませんが、このホテルはシャングリラホテルの系列です。そのため予約はゴールデンサークルの公式サイトより行いました。

 地下鉄国貿駅付近には、パークハイアット北京などもあり、モダンなビジネスエリアであります。地下鉄より、「国貿商城」という商業モールを通り抜け、ホテルのある地下にあるもう一つの商業モール(名称忘れました)にたどり着きます。地上にあるオフィスエントランス出て、ちょうど裏側にあるホテルエントランスに向かいます。

 さて、チェックインですが、前回利用時は1階のベルキャプテンデスクのようなところで行いました、今回はどうでしょうか。ホテルスタッフにチェックインである旨を伝えると、エレベーターに乗るように促されます。荷物を先に預かり部屋まで持っていくサービスもなく、案内もないようです。

 64階のホテルロビーにたどり着きますが、特に手前にスタッフが立っているわけでもなく、奥に進むとレセプションがありました。チェックインの手続きを行います。喫煙か禁煙の確認、65階の客室だがよいか言われ、了承します。
 で、液晶画面に宿泊カードが表示され、電子ペンで署名します。

 荷物のサポートはなく、宿泊者専用エレベーターの手前までの案内で終了です。

 フロア構成を簡単に説明すると

 1F…エントランス
 4F…「なだ万」、中国料理レストラン
 64F…ホテルロビー、レジデント・フォイヤー
 64F~77F…客室
 77F…スパ
 78F…ヘルスクラブ・プール
 79F…グリル79
 80F…ザ・ラウンジ、バー等
 81F…ザ・ピーク(何の施設か不明です)





画像

 ホテル外観です。もうちょっと離れて撮影できればよかったのですが、機会がありませんでした。




画像

 ホテルエントランスです。




画像

 こちらは、地下モール側からアクセスするエレベーターです。




画像

 エントランスロビーです。奥行きはないですが、天井が高いです。クリスマスツリー?があります。




画像

 64階のレセプション等がある、ホテルロビー入口手前です。64階にはレセプションのほか、宿泊者専用ラウンジ?であるレジデント・フォイヤーがあるだけで、他にレストラン等はありません。



画像

 ホテルロビーの様子です。窓側から撮影しました。左手がレセプションになります。奥側にエレベーターがあります。




画像

 64階のゲスト専用エレベーターホール。





画像

 客室フロアの廊下です。





画像

 で、客室ドア前です。



 次回は、ベッドルームの紹介をします。



 チャイナワールドサミットウィング北京(国貿大酒店) その2(エグゼクティブルーム:ベッドルーム)

 チャイナワールドサミットウィング北京(国貿大酒店) その3(エグゼクティブルーム:バスルーム・眺め)

 チャイナワールドサミットウィング北京(国貿大酒店) その4(エグゼクティブルーム:レジデントフォワイエ・その他)

 チャイナワールドサミットウィング北京(国貿大酒店) その5(エグゼクティブルーム:朝食)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック