北京空港 エアチャイナビジネスラウンジ&BGSラウンジ

 2014年11月、北京空港エアチャイナビジネスクラスラウンジとBGSプレミアラウンジを利用しました。

 さて、帰国ということで、北京空港に到着です。JALの特典航空券利用ですので、当然帰りもJALです。JAL指定のラウンジはBGSラウンジでありまして、チェックイン時にクーポン券を渡されます。

 が、以前利用した感じでは、エアチャイナの方が印象がよかったので、アメックスプラチナの特典、世界の各空港のラウンジが利用できるプライオリティパスを利用して、エアチャイナビジネスクラスラウンジを利用することにします。

 入ってみると、大混雑、空いている席を見つけるのに苦労します。利用者の半分くらいは白人系ですかね。こい茶色の低いソファー席がほとんどで、シートのバラエティが乏しいですね。JALの羽田や成田のラウンジに比べると見劣りしますね。ソフトドリンクや軽食があります。ビールは青島ビールだけではなく、燕京(北京の古名)ビールもあります。ワインが長城ワイン?中国産しかなかったのが残念なところです。

 端の方にダイニングコーナーがあり、テーブル席があります。蒸籠に入った点心やチャーハン等のホットメニューもあります。注文に応じて作ってくれる麺類もあります。妖しいですが、寿司もありました。
 が、撮影していると、スタッフの女の子に注意されてしまいましたね。そんなこともあり気分が盛り下がり、食べようと思っていた牛肉麺も食べずに出てしまいましたね。

 全体的に混雑していていまいちでしたね。まあ、袋にはいった饅頭のようなものやナッツ、小菓子がいろいろとあるので、機内に持って行けたのがよかったですね。
 



画像

 エアチャイナビジネスクラスラウンジの入り口に向かうエスカレーター前です。




画像

 ラウンジは混雑していてほとんど撮影できませんでした。こちらはダイニングエリアに並ぶ蒸籠です。小龍包などやエビシウマイなどがありました。またチャーハンや焼きそばもありましたね。
 



画像

こちらは中華炒め物系です。洋食系のものもあります。





画像

 ケースの中には寿司が入っています。





 続いては、BGSプレミアラウンジを利用しました。こちらもプラオリティパスでも利用できますし、アメックスカードがあれば利用できるようです。
 さて、エアチャイナラウンジと異なり、こちらのラウンジはガラガラでありました。

 えーと若い女の子のコックが立っているコーナーがあり、ジャージャー麺をその場で作ってくれます。それを食べればよいのに、注文がないけどとりあえず作った素うどんを食べてしまうケーシーでした。女の子は不満げです。どうやら個々のラウンジはジャージャー麺が名物のようでした…




画像

この階段、もしくはエレベーターで上がります。





画像

 ラウンジの様子です。こちらもシートバリエーションが豊富とは言えませんね。しかし、空いていてゆっくりできましたね。



画像

陶磁器なんかが飾っており、インテリアはチャイナクラシックな感じです。



画像

 ビジネスコーナー?もありました。



画像

 ビバレッジコーナー、ソフトドリンクに若干のアルコールといった感じです。スパークリング系はありませんね。そもそもワインがやはり中国産です。ビールは燕京ビール、アサヒビールなんですが日本では見ない缶など。あとはスピリッツ系が少しありました。



画像

 蒸籠に入った小龍包やシウマイなどがあります。袋に入ったお菓子、カップ麺など。その他、中華系の炒め物、チャーハンなどもあります。それにデニッシュ系やサンドイッチなどもありました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック