東京~富山(ほくほく線経由)  北陸鉄道旅行 その2

 北陸鉄道旅行の2回目、東京駅から富山まで、上越新幹線及びほくほく線「はくたか」、信越本線、北陸本線の道中の紹介です。(2015年2月)


ということで、2015年3月14日北陸新幹線開業前(ダイヤ改正前)に、ほくほく線「はくたか」を、利用して北陸に向かう、レポ第2弾です。

 首都圏から、北陸に向かう場合、車を除けば、上越新幹線ほくほく線経由ルート、東海道新幹線米原経由ルート、飛行機(富山空港、小松空港)などがあります。

 以前、富山にしばしば行っていたことがあって、米原ルートでは遠回りということもあって、上越新幹線周りで行っていました。1997年3月までは、長岡から信越本線、北陸本線の旧「かがやき」を利用していました。97年3月以降は、今回利用したほくほく線(北越急行)の「はくたか」を利用してきました。
 開業前、新潟県長岡駅の展示スペースにおいて、ほくほく線が紹介されていましたのが、懐かしく思います。

 それにしても廃止がもったいないほくほく線(北越急行)の「はくたか」、在来線最高速の160キロ運転、しかも単線です。第三セクターながら、基本的に黒字経営とのこと。黒字なのに、政治的な要因もあり北陸新幹線がフル規格での開業となり、消える運命となりました。それにしても、収益の90%を占める「はくたか」がなくなり、今後どうなるでしょうか。貯金が100億円近くあり、30年は大丈夫とのことですが、少子高齢化、特に地方にはきつい時代、予断は許されません。 

 また、直江津以西のJR線は、北陸新幹線開業後多くの路線で、第3セクター化されます。1997年の長野新幹線開業時から始まる、いわゆる「並行在来線」問題です。JRが分断され、料金や定期券が値上げされてしまいます。このような負の問題もあります。




 
画像

 東京駅からは、2階建て新幹線MAXときにて。E4系、独特な先端の形状です。このときは連結され16両編成ですが、北陸新幹線開業後はどうなるのでしょうか。




画像

 車内です。普通車2階指定席、2-3のシート配置です。



画像

 で、越後湯沢駅到着です。



画像

 越後湯沢駅で、4~5割位の乗客が降車します。ほとんどはほくほく線に乗り換えると思われます。この、名物の大量の乗り換え客がぞろぞろ歩く光景も、3月13日で終わりましたね。



画像

 越後湯沢駅での電光表示。「はくたか」は1番線、出発です。




画像

 赤いラインが入った、北越急行所有の683系でよいのかな、特急「はくたか」です。




画像

 贅沢に「はくたか」はグリーン車にしました。1-2のシート配置です。



画像

 横によけた?壁になっている雪!




画像

 いやー晴れていますが、雪景色です。





画像

 さて、昼食です。東京駅で購入した、「味噌かつ・ひつまぶし弁当」。北陸に行くのに味噌カツですかの、突っ込みはナシにしてください。海鮮ものは北陸で買いたかったし、名古屋メシが好きなんですよ。




画像

 中身はこんな感じです。いや、美味しかったですよ。



画像

 ほくほく線某駅ホームにて。廃止される「はくたか」を多くの人が撮影しています。




画像

 信越本線「直江津駅」手前、このあたりで信越本線に合流します。雪が全くありません。




画像

 直江津を過ぎ、右手を見ると、海!日本海です。冬なのに不思議と穏やかでした。



画像

 左手に、北陸新幹線の高架が見えてきます。




画像

 北陸新幹線と在来線との接続駅になる、糸魚川(いといがわ)駅です。北陸新幹線開業後は直江津以西が、JRより第3セクター「えちごトキメキ鉄道」になります。そして、信越本線が信越本線でなくなってしまいます…(信州《長野県側》につながらなくなってしまうのね。長野側は「しなの鉄道」です)
 長野新幹線開業から始まる、並行在来線問題ですが、このダイヤ改正で急拡大です。




画像

 左手を見ると、雪を戴いた立山連峰、美しいです。




画像

 
画像

さて、富山に到着です。




 次回は、富山駅編です。

 
 北陸鉄道旅行 その3

 北陸鉄道旅行 その1へ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶひ
2015年03月31日 20:04
北陸といえば新幹線景気がすごいみたいですね 
でもすぐに赤字路線になってしまいそうな気が(汗 

アマン東京泊まってきました
気がついたところでは
・階数と部屋番号の関連が独特 
・ルームキー個性的 
・バスタブが冷たい 
・ミニバーはアルコールと一部除いてフリー 
・寝巻は浴衣がデフォ(むろんパジャマもある)
・主要各国の大使館番号がホテルブックに記されている

こんなところですかね

ケイシー
2015年03月31日 22:39
 第3セクター化された、在来線は赤字確実です。新幹線の建設費も地元県が一部負担しているので将来が大変そうです。

 アマン東京の情報ありがとうございます!
 「部屋番号と階数の関連が独特」って、泊まらないとわからないですね。アマン流の遊び?があるのでしょうか。
 「バスタブ冷たい」、どこかで知ったか忘れましたが、バスルームの床が温かいと聞きましたが、それとは別にバスタブが冷たいんですか…

 ケイシー的には当分というか、まず利用することがなさそうな、アマン東京の貴重な情報ありがとうございました。

この記事へのトラックバック