JAL 羽田~北京線(初ボーイング787体験)

さて、ゲートに向かいます。行先は北京です。そしてB787に初めて乗ります。(2014年11月)

 チケットは特典航空券、北京行きは余裕で取れました。
 エコノミー席は2-4-2アブレスト、シートピッチは狭めですが、まあ飛行時間が長くないのでそれほど気になりません。
 なにしろ、JALにしか乗らず、古い機材にしか乗ってないので、新機というだけでうれしいです。トレイにガタがきていたり、イヤホンジャックがゆるゆるだったり…そんなのばっかりでしたからね。

 シートには利用方法は良くわかりませんが、USB端子や映像端子などもありましたね。 簡易フットレストみたいのもありました。
 窓は確かに大きくなっていましたが、窓側の席でないので、特に感想なし。湿度も高いらしいですが、あんまり体感的には何もなかったですね。

 機内食は、恵比寿の「賛否両論」(店の名前らしいです)が監修した弁当スタイルのもの。通常の機内食よりかは、弁当スタイルの方がよいですが、中身的には、こんなものなのかな、という感じです。駅弁として販売されていたら、買わないかな?という印象…

 朝っぱらから、飲んでしまうケイシーとしましては、北京まで4時間あるし、以前のように飲み物と食事のサービスを分けて欲しいところです。こちらが飲んでいる間に周りの方々は食べ終わり、お茶なんかのサービスが始まり、せわしない感じです。でも、飲まない人は早く食べたいでしょうから、難しいのかな。

 まあ揺れもなく、快適なフライトでしたね。

 
 

 

 


画像

 さて、羽田空港国際線ターミナルの新設エリア、144番ゲート前です。ここより、ワンフロア下って飛行機に乗ります。




画像

 窓枠が邪魔ですが、今回のシップ、B787-3です。




画像

 シート周りはこんな感じです。



画像

 窓は、確かに大き目ですかね…




画像

 機内食です。すでにヱビスビールを飲んでいます。左がおかず、右にご飯があります。箸だけでカトラリーはありません。もう、箸が使えない外国人はいないという前提なんですかね。まあ、中国線というのもあると思いますが。




画像

 お品書きです。鶏のマヨネーズ焼き、かぶの豚そぼろ餡かけ、鯖のフライカレー風味、厚焼きたまご、でした。ごはんの方の説明はありませんでした。





画像

 ふたを開けるとこんな感じです。



画像

 ごはんはこんな感じです。あっさり風味の混ぜご飯でしたね。温められています。なかなか美味しかったです。

 
 次回は北京空港、到着編です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック