日本のホテル、いまや割安

 本日の日経新聞、グローバルデータマップ欄によると、海外都市に比べ割安感があるとのことです。

 アメリカ口コミサイト、トリップアドバイザー2013年3月調べだと、世界で一番ホテル代が高いのはニューヨークとのことです。
 この調査、四つ星ホテル1泊代、夕食二人分コース+ボトルワイン、タクシー3.2キロ往復料金と三つの指標で世界主要都市を比較しています。

 四つ星ホテルは東京196ドルに対し、ニューヨークが363ドル、パリ327ドル、リオデジャネイロ241ドル、シンガポール203ドル、シドニー196ドル、北京が105ドルとのことです。
 ヨーロッパ、北米が高いようですね。香港、ソウル、上海のデータがないのが残念ですが、さすがに北京よりは高く、シンガポールにはちょっと負けている感じです。まあ、五つ星ホテルが入ってない?ので、単純に比較は出来ませんが。

 東京(日本)が物価が高いといわれていたのは、昔の話、円安によって、日本は割安感によって観光客に選ばれるようになったようです。


 しかし、2012年11月、1ドル80円であったのは現在では約120円ですか!半減ですね。東京の高級外資は2~3割位上がったような感じがしますが、外国人とっては円安によって、それでも逆に安く感じられているようですね。もともと、東京の高級ホテルはニューヨーク、パリに比べ安いといわれてましたが、円安によってますます加速したようです。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2015年04月07日 22:37
円高も円安も一長一短が有るので1ドル100円位が丁度良いかな・・。
ところで外国人客は正直余り来なくて良いです。私は別にネトウヨでは有りません。(笑)
ケイシー
2015年04月07日 23:03
 確かに円の価値としては100円くらいが相当かと思います。計算もしやすいですしね。

 日本人も以前は外国でマナー悪かったみたいですので、あんまり批判できないですね。団体じゃなきゃ気にならないんですがね。

この記事へのトラックバック