ホテルオークラ東京2014 その4(別館ジュニアスイート:ベッドルーム・バスルーム・眺め)

間が空いてしまいましたが、ホテルオークラ東京の紹介を続けます。(2014年12月利用)

 今回は別館、ジュニアスイートのベッドルーム、バスルーム、それに眺めの紹介となります。

 ベッドルームは、部屋の中央にダブルベッドがあり、後はTVとクローゼットが端にあります。インテリアは、リビング同様に落ち着いているというか、特筆するところはない感じですね。

 バスルームはベッドルームに隣接しています。こちらは大理石造り、シャワーブースもあり豪華な感じです。もちろんレインシャワーはありませんが、十分で気に入りました。このバスルームがペントハウスデラックスルームにあればなー、と思ったりもして。

 眺めはもともと期待してませんでしたが、期待を裏切ることなくよくありません。まあ、目の前が壁とかに比べればましですが。



画像

 さて、ベッドルームです。中央にドンとベッドがあります。ベッド上にはクッション、ベッドスロー、さらに浴衣まで置かれています。
 ベッド足元側には、フットベンチがあります。(このベッド足元にある台の事を、統一して今後「フットベンチ」と記載していきます。)




画像

 フットマットが敷かれていますので、ターンダウン済み?と思ったのですが、ターンダウンはありました。しかし、そのターンダウンは。ベッドをほとんどいじらず、クッションやベッドスローがそのままでありました。タオルの交換や、氷の用意はあったのですが、寝るとき自分でクッション等を片づけました。本来のターンダウンをやってほしいものです。



画像

 ベッドサイドテーブルもシンプルです。



画像

 枕元には折鶴があります。また、枕元を照らすライトがあります。



画像

 ベッドルームにもTVがあります。ただし、DVDプレイヤーは無。



画像

 ベッドルーム、リビング側にクローゼットがあります。ジュニアスイートにしては、小さいですな。タオルスリッパもありました。



画像

 バッドルームの隣が、バスルームになります。





画像

 入るとすぐシャワーブースが見えます。




画像

 シングルシンクです。タオルはハンド、フェイス、バスタオル、ボディータオル各3枚づつあります。



画像

 バスアメニティは、ホテルオリジナルの高級なタイプの方?男性用のアフターシェイブローションなどのセットと女性用基礎化粧品のセットがありました。



画像

 シャワーブースです。大理石造りは良いのですが、シャワーがプラスティック製でちょっと雰囲気を壊しますね。あと、角度が変わらないので使いづらいのもあります。




画像

 バスタブにトイレです。




画像

 バスタブは大き目で日本人向けです。ただ残念なのは、オーバーフロー防止栓の位置が低くて、いっぱいに湯をためられないことですね。ハンドシャワーもあります。



画像

 バスローブです。



画像

 さて窓です。透けていない時点で眺めがよくないことがわかります。




画像

 あけてみてみると、周囲の低層マンション、雑居ビルビューですね。




画像

 角度を変えるとこんな感じです。





画像

 ANAインターコンチネンタル東京も見えます。


 次回は、朝食の紹介や雑感となります。


 ホテルオークラ東京2014 その5(別館ジュニアスイート:朝食・雑感)

 ホテルオークラ東京2014 その3(別館ジュニアスイート:リビングルーム)へ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック