ザ・リッツカールトン東京 その2(クラブDXキング:ベッドルーム)

 ザ・リッツカールトン東京、今回はベッドルームを紹介します。(2015年1月利用)


 さて、クラブデラックスキングの客室です。
 初めて利用した時は、割合とオーソドックスなインテリアに物足りない感じがしていました。今回利用してみると、高級感あふれる客室、メインテナンスが完璧で、五つ星ホテルの空気感を感じられます。







画像

 ベッドルーム入り口付近より。手前にデスク兼テーブルが見えます。




画像

 キングサイズのベッド。大き目のベッドスロー、フットスツールがあります。




画像

 ベッドサイドテーブル。照明やカーテンの操作パネル、電話、メモパッドなどがあります。もう一方のサイドテーブルにはアナログ時計があります。


画像

窓側には一人ソファーが2脚、オットマンはありません。コーヒーテーブルに、マガジンラックがあります。



画像

TV方向です。両側にはクローゼット。




画像

TVはソニー製42型のもの。DVDプレーヤーもあります。



画像

 テーブル兼デスク。二人向かい合わせに利用できます。



画像

 電話や端子類です。



画像

 ホテル案内やルームサービスメニュー。貝殻模様の壁紙が目を引きます。



画像

 フロア図です。下が、アバウト北西側、新宿副都心方向ですね。



 次回は、ミニバーを紹介します。


 ザ・リッツカールトン東京 その3(クラブデラックスキング:ミニバー・クローゼット)

 ザ・リッツカールトン東京 その1(イントロダクション)に戻る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック