東京のビジネスホテルがとれない…

 先々週位6月20日、ちょっと間が空いてしまいましたが、NHK特報首都圏「ビジネスホテルがとれない~都心の宿泊困難 解決策は」という番組の再放送があり、録画しておいたのを見たところです。
 

 特報首都圏なので関東ローカルですかね。再放送なので本放送は、さらに前だったようです。といってもせいぜい1週間前?
 
 内容は、まず上野にあるビジネスホテル「ホテルサードニクス上野」の紹介。今年に入ってから連日満室とのことです。ロビーを見ると利用客のほとんどが外国人、東アジア系というより、東南アジア系が多い感じがします。

 そう、東南アジアを中心にビザ免除や緩和をしているとのこと。これに円安や国の外国人観光客の誘致の政策もあってどんどん外国人客が増加しているようです。ちなみに山手線の内側のホテルに限って言えば、今年になってから稼働率100%が続いているとのことです。

 そして、関西のある中小企業経営者の登場、月2回の東京出張があるのですが、ビジネスホテルが取れないとのこと。スマホの画面は東横インですね。利用の1~2週間前に予約するのですが、満室か空室があっても以前6千円くらいだった料金が9千近いとのことです。そして、商談の場所から相当遠いホテルに宿泊することに。

 ホテル側のコメントは、外国人観光客は、ビジネス客に比べ相当早期に予約が入るのでありがたいとのこと。言ってはいませんでしたが、おそらく日本人ビジネス客に比べ、宿泊数も多いんでしょうね。

 料金も手ごろで、都心に近い(ショッピングがメインのアジア客に便利)で、ちょうど観光客の希望に合っているんでしょうね。
 考えてみれば、乗り物等の料金では、直前の予約する場合や、キャンセルが可能なビジネスマン向けの料金は高めになっており、ビジネスマンに有利だった日本のビジネスホテルはある意味特殊だったんですかね。

 さて、対応は?ホテル側は需要があっても、建設費の高騰や土地の値上がりがあっておいそれ建設できないとのこと。

 そのほかの対策は?まずは、都心の空き部屋を宿泊施設にしてしまおうというもの。次は、東京に集中しがちな観光客を地方に分散指させるというものです。
また、企業側の対応としては法人契約を進めるとか、宿泊費のアップもかんがえたら、なんてのもありましたね。

 シティホテルだけじゃなく、ビジネスホテルも大変な事態になっているようですね。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック