ゲイナー8月号 「ホテルは都会の避暑地」

 発売されてから結構経っていますが、ゲイナー(光文社) 2015年8月号にホテル特集がありました。夏休み、旅行シーズンとあって、各誌結構ホテル特集みたいのが目につきますね。

 「ずっと前からHOTELはオアシスだった」の副題の後に避暑地のフレーズが続きます。

 特集トップの写真は、8月に営業を終えるホテルオークラ東京本館ロビーです。そして、特集パート1はアマン東京、通常買ってないのでよくわかりませんが、レギュラー出演者?カール大帝なるダンディなオッサンが、アマンで遊ぶ、と登場。6月に開業した緑が多いザ・カフェbyアマンにて、シャンパンを飲んでいますな。
 パート2の作家甘粕りり子氏の「ホテルの歴史の浪漫あり」のエッセイがよかった。御三家からのホテルの歴史を語ります。
 パークハイアット東京についても語っています。当時として破格に高かった5万円の客室料金に触れてますが、現在の東京のホテル価格はどうなんでしょうか。
 そして、最新のツートップとしてアンダーズ東京とアマン東京に軽く触れています。
 続いては、プール、ルーフトップバー、シャンパンフリースローなどの文字が…
ホテル上手が語る、ロングステイ、ビジネスユース、スマートリザーブ。
 ホテルの特徴あるショップや施設の紹介も。パークハイアット東京のデリカッセン、セルリアンタワー東急ホテルの能楽堂、パレスホテル東京のエビアンスパなど。
 また、ホテル通著名人が語るお気に入りホテル、ソムリエ、タレントとして活躍する田崎真也氏が紹介するのは「ホテル ラスイート神戸ハーバーランド」でした。
 締めはホテルのオーセンティックなバーの紹介。そのなかでリーガロイヤル(大阪)のリーチバーが紹介されていました。利用したいと思っているのですが、なかなか機会がありませんな。


 さて、全体的な印象は、ファッションをメインにした男性誌だとこうなるのかな、という切り口でした。登場するモデルが着ている服のブランドや価格も紹介されています。



 ゲーテにもホテル特集がありましたね。立ち読みしたらなかなか面白かったです。まだ買ってないですが買おうかな。ブルータスにもホテルが紹介されていましたが、登場するホテルがマニアックすぎますかね…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック