ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル2015 その3(クラブダブル:ミニバー・ルーム・眺め)

 横浜インターコン、今回はミニバー、バスルーム、眺めの紹介です。(2015年11月利用)

 さて、クラブフロアのラウンジやパブリック、ベッドルームはリニューアルされ、バスルームも当然変わっていると思いましたら、そのままでした。アレ?
 もともと、シャワーブースもあり(クラブフロア)、バスタブも大きくクオリティが高いバスルームで、シンク上の格子模様のレトロな照明カバーも好きだったので(写真は撮り漏れ)、ほっとした反面、このタイミングでリニューアルしないとなると、いつリニューアルするのか心配でもあります。
 
 眺めはベイビューでした。夜は暗い眺めになります。昼間は良いベイブリッジも夜は地味になります。スカイツリーもそうですが上品なライトアップにしようとすると地味すぎる感じになります。もうちょっと工夫が欲しいところです。
 また、各フロアダブルルームはベイビュー、シティビュー1室づつで三角形の平面の先端に近いところに配置されていると認識してましたが、今回の客室は底辺側でした。
 リニューアルに合わせ、外国人客に需要があるダブルルームを増設したんですかね。
 







画像

窓側より客室を撮影しました。





画像

 ミニバーコーナーです。




画像

 横浜のロゴが入った簡易ドリップコーヒーやティーバッグなど。



画像

 冷蔵庫です。



画像

 バスルーム入ったあたりで撮影です。





画像

 バスアメニティはインターコンチネンタルではおなじみ、アグラリアです。奥の木箱の中に歯ブラシ等のアメニティグッズがあります。以前は確か紙製の箱だったような、こちらの方が全然良いですね。



画像

 大き目のバスタブです。ハンドシャワーがあり、ガラス容器に入ったバスソルトも健在。



画像

 シャワーブースにトイレです。




画像

 固定ヘッドにハンドシャワーがあります。ハンドルは湯の温度は調節できますが、量はオン・オフ機能のみです。補修・交換は行われているようで、劣化はひどいと思いませんでした。




画像

 クローゼットです。バスローブとスリッパがあります。左側にアイロン&アイロン台があります。



画像

 フロア図です。上側が海側になります。三角形の先端がスイートルームになります。




画像

 客室からの眺めです。ベイビューですので当然海です。




画像

 下にはすぐそばのぷかり桟橋が見えます。



画像

 ベイブリッジも見えます。




画像

 夜景、ピンボケ気味です。



 次回はクラブラウンジを紹介します。


 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル2015 その4(クラブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)
 
 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル2015 その2(クラブダブル:ベッドルーム)に戻る


  ★地区別ホテル宿泊記一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック