ル・ロイヤルメリディアン上海(グランドデラックスキング)

さて、ル・ロイヤルメリディアン上海に宿泊してきました。(2015年9月)

 上海浦東空港からは、リニアモーターカーで市内へ。そして地下鉄2号線にて「人民広場」駅に向かいます。平日の夕方なので、ラッシュに当たります。車内は押し合う寸前位ですが、降りてからのホームや階段、乗り換えの構内の人の流れに圧倒されます。

 何度も利用しているのに、駅内で迷い、やっとホテルに到着します。夜到着ですので、クラブフロアではなく、一般フロアの朝食付きのプランをSPGにて予約していました。一応なんちゃってゴールドですのでボーナスポイントが付き、追加特典もボーナスポイントを選択しておきました。まだ、SPGでポイントを使ったことないんですが…

 客室までの案内は基本無し。一応、プリフォードフロアにアップグレードのようです。
 客室はグランドデラックスキング、グランドが付いてますが、高層だとグランドが付くだけで、広さは38㎡程度のスタンダードルームです。
 無駄のないこのレイアウトは好きなのですが、水回りにちょっと不満、レインシャワーやハンドシャワーの位置が悪く使いずらいのです。

 久しぶりに、レストラン「ビストロ」にて、朝食ブッフェを利用しました。初めてこのホテルを利用して以来ですかね。
 ブッフェの提供物面積がすごいです。日本のブッフェの2倍くらいの面積に食べ物等が並んでいます。エッグステーションはもちろん、中国麺やパンケーキ・フレンチトーストのところにもコックが立っています。
 
 残念なのは、取り皿が大きいのが実質1種類しかないことです。テーブルが一杯になってしまいます。シリアル・ヨーグルト用の深めの皿もあるんですが、これも占有面積が大きい…こまめにスタッフが下げてくれますが。あと、席は入るときにスタッフが案内して決めてくれるのですが、外しているすきに、知らないオッサンが勝手に座っているとか(皿とか置いてあるのに)、中国な感じです。


 以前より何度か紹介してますので、写真は少な目です。



画像

 夜のエントランスロビー、照明もムーディです。




画像

 今回の客室は、プリフォードフロアでした。このホテルではこれでも高層という感じがしません。




画像

 ベッドです。もうターンダウン済み。このホテルは18時代から19時にかけて早めのターンダウンのようです。



画像

 リビング、TV周りです。この広さでリビングスペースを作るレイアウトは素晴らしい。



画像

バスルームの様子。洗い場式、レインシャワーもありますが、使いずらし。バスアメニティはCINQ MONDESと変わらず、残念。



画像

  引き出しには、日本人向けに浴衣があります。日本ではいらないんですが、厚ぼったくないこともあって重宝しました。




画像

 眺めです。シティビュー。







画像

 昼間の眺めです。もやっていますがスモッグというより、雨のせいです。UFO型の特徴のある建物はラディソンホテルです。


 




画像

 こちらにはJWじゃない、ただのマリオットホテルが写っています。次に宿泊予定です。



画像

 フロア図です。




画像

  さて、レストラン「ビストロ」での朝食です。人が多くて写真があまり撮れませんでした。こちらは、中華のコーナー、焼きそばやチャーハンなどのホットミールです。




画像

  なぜか、樽酒があります。その先にはのり巻きがありました。他には和食は、みそ汁と巨大な塊の茶わん蒸し、焼魚というより煮魚などがありました。




画像

 パンのコーナー。パンは美味しかったですね。





これで、ル・ロイヤルメリディアン上海の紹介は終わりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック