コンラッド東京2015 その3(エグゼクティブ・ベイビュールームツイン:バスルーム・眺め)

コンラッド東京、エグゼクティブフロアのベイビューツインのバスルームや眺め等を紹介します。(2015年9月利用)


  バスルームも以前とほぼ変わりありません。洗面スペースの円形の照明が大きく明るく、ありがたい感じです。
 ベッドルーム側は全面ガラス窓、00年代あたりより高級ホテルで導入されはじめたはしりですね。
 基本的にデザイン優先、シンクの水はねは、他の方のブログでも取り上げられています。独立式のバスタブも雰囲気は良いのですが、周りがびしょびしょになります。シャワーブースより離れているのも使いづらかったりして。
 それでも、高級ホテルバスルームという感じで、好きですね。

 眺めは、ベイビュー、前のビルより離れている、築地側です。それは良かったのですが、雨、雨。翌朝は雨は上がりましたが、くもりでイマイチ。それでも、羽田を発着する飛行機が見えましたね。
 やはり、天気の良いときに利用したかったものです。
 




画像

 ベッドルーム側から見たバスルームの様子です。電動のブラインドがあるので隠すことも可能です。




画像

 バスルームをのぞくとこんな感じです。






画像

  ダブルシンク、水はねが気になりますが、まあ快適です。





画像

 アメニティグッズ右側に置いてあります。バスアメニティは以前はたしかアッカカッパだったのがアロマセラピーアソシエイツに変わっていました。これは私的にはマンダリンオリエンタル東京のイメージです。はっきりと確認しませんでしたが、事前に希望すれば、シャンハイタンやタラ・スミスも対応可能のようです。
 左側にはマウスウォッシュとアヒルがあります。
 後ろ側の白い箱の中に、歯ブラシ、髭剃り、綿棒等が入っております。




画像

 独立式バスタブです。もうちょっと大きければうれしいのですが。




画像

 バスタブの壁側にタオルやバスローブがあります。
 タオル類はハンドがシンク脇に3、バスタブに1、計4、フェイスタオルがシャワーブースに2、バスタブ脇に2、計4、バスタオルはバーに4枚、マットが1枚となっています。シャワーブースが離れているのでバスマットがもう1枚欲しいところです。





画像

 逆サイドにガラスドアがあり…



画像

 一つはシャワーブースです。レインシャワーとハンドシャワーがあります。




画像

 こちらはトイレです。最近の高級ホテルは、オブジェがあったり、鏡があったり騒がしいのですが、こちらはいたってシンプルものです。




画像

 クローゼットの中はこんな感じです。スリッパ、アイロン&アイロン台があり、写真はないですが引き出しにナイトシャツもありました。




画像

 フロア図です。上がベイビュー、下がシティビューになります。



画像

 眺めはベイビュー、正面はこんな感じです。雨なのでもやってます。




画像

 下を見ると、浜離宮があります。




画像

 一応、夜景です。



画像

 翌朝になると、雨もやみ、なんとかレインボーブリッジが見えました。



 次回は、エグゼクティブラウンジを紹介します。


 コンラッド東京2015 その4(エグゼクティブラウンジ:アフタヌーンティータイム)


 コンラッド東京2015 その2(エグゼクティブ・ベイビュールームツイン:ベッドルーム)へ戻る

 
 ★ホテル宿泊記地区別一覧

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック