ザ・リッツカールトン東京2016 その3(クラブデラックスキング:バスルーム・眺め)

ザ・リッツカールトン東京、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2016年2月利用)

 さて、ベッドルームは一部リニューアルしておりましたが、バスルームはどうだったでしょうか。

基本的には、ほとんどいじられていないと思われます。


画像

 バスルーム入ったあたり、ダブルシンクで各洗面台ごとにハンドが2×2で計4枚、フェイスも同様、バスタオルはシャワーブースのところの1枚、コーナーの台にところに各1枚×2で計3枚、そういえば、以前はロゴが見えるように置いてあったが、今回は見えなかったかな。




画像

 引き出しの中に入っている、アメニティグッズ類。




画像

 シャワーブースです。レインシャワーとハンドシャワーを切り替えるハンドルが、ちょっと緩んできた感じがします。




画像

 シャワーブース内にある、バスアメニティです。アスプレイは変わらず。





画像

 バスタブです。バスローブは1着はバスルーム内、もう1着はクローゼットの中にあります。



画像

 バスタブ上にある物置には石鹸やバスソルト2種類が置いてありましたね。





画像

 トイレです。



画像

 ベッドルームにある、クローゼットの片方です。




画像

 フロア図です。下側が私が利用した客室向きでして、南西側になります。ラウンジのメインの向きと同じ方向です。




画像

 南西方向の眺めです。本来は富士山が見えるはずですが、うっすら雲がかかっています。



画像

 左手側に六本木ヒルズが見えます。



画像

 夜景です。



 次回はクラブラウンジの紹介をします。


 ザ・リッツカールトン東京2016 その4(クラブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)

 ザ・リッツカールトン東京2016 その2(クラブデラックスキング:ベッドルーム)に戻る

 ★ホテル宿泊記地区別一覧







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック