シャングリラゴールデンサークル、シンガポール航空と異業種ステータスマッチを

 先月、9月にシャングリラとシンガポール航空から、連名でメールが届きました。


 シャングリラとシンガポール航空が果てしない旅へあなたを歓迎します、なんてことが書いてあります。

 シャングリラのホテルプログラム「ゴールデンサークル」とシンガポール航空の「クリスフライヤー」が提携するようです。

 
 シャングリラ会員宛のメールですので、主にシャングリラの視線で内容を紹介となります。

 1 一定の条件を満たせば、双方の上級会員ステータスを受けられる。
  
  シャングリラゴールデンサークル・ダイヤモンド(最上位)会員及びジェイド(中位)会員ならば、自動的にシンガポール航空クリスフライヤーシルバーエリート会員になれるというもの。
  また、シャングリラダイヤモンド(最上位)会員ならば、1回シンガポール航空を利用すると、クリスフライヤー・ゴールドエリート会員に、ジェイド(中位)ならば、3回利用するとゴールドエリート会員になれるとのことです。

 逆にクリスフライヤーのシルバーエリート会員なら、シャングリラゴールド、ゴールドエリート会員ならば、1回シャングリラ系ホテルを利用するとシャングリラゴールデンサークルのジェイド会員になれるというもの。

  
 2 シャングリラの滞在で、シャングリラGCポイント(宿泊によって獲得できるポイント)とシンガポール航空の500マイル両方獲得できる。

 3 お互いのポイントとマイルが交換できる。

 シャングリラ 1GCポイント=1.25クリスフライヤーマイル(これは25%のボーナスがあるとのこと))逆に、12マイル=1GCポイントと、シャングリラ側の方のレートが有利?


 最大のメリットは異業種ステータスマッチですかね。
 シンガポール航空、クリスフライヤーのゴールドエリートですと、全日空等が加盟するスターアライアンスのスターアライアンスゴールドに相当し、空港ラウンジ等が利用できる特典があります。
 シャングリラのダイヤモンド会員ですと、1回のシンガポール航空利用でクリスフライヤーゴールドエリート=スターアライアンスゴールドとなります。逆にシルバーエリート会員ですと特典が少なく、あまり意味がない感じですね。

 
 全体的にみると、シャングリラ側に有利な内容ですかね。アジアを中心に出張で飛び回るビジネスマンなら、メリットがあるように思えますが、そうじゃないとシャングリラ系は東京にしかないので、あまりメリットがないのかな。

 ケイシーはアメックスプラチナのホテルメンバーシップ特典で、シャングリラゴールデンサークルのジェイド会員になれましたが、ジェイド会員だとクリスフライヤーシルバーエリート自動的になれますが、それだけだとあまりメリット無し。3回のシンガポール航空利用しないと、ゴールドエリートになれないので、かなりハードルが高いところです。
 
 まあ、あまり海外行かないんですが、JALワンワールド派なので、スターアライアンス系の特典があればうれしいな、というレベルでの希望というところで…
 






 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

FFP ELITE
2016年12月12日 00:28
SQにAMEXでステータス獲得した人からのマッチングは対象外にすべきと意見しました。このページのをSQの人に見てもらい、英語に訳したうえで本社に連絡しておきますとのことでした。
ケイシー
2016年12月12日 23:59
FFP ELITEさん、はじめまして。

 シャングリラゴールデンサークルの上級会員の場合、自動的に会員になるのなら、お気持ち分るんですが、利用する条件があるとハードルが高いかな?感じるのですが。

 まあ、宿泊を重ねてステータスを維持している人から見ると、不公平に見えるかもしれませんね。

 

この記事へのトラックバック