京都東急ホテル その2(ALL DAY DINING KAZAHANAでの朝食)

 今回は、京都東急ホテルでの朝食を紹介します。(2016年4月利用)

 朝食はオールデイダイニングKAZAHANAでの和洋ブッフェか、京料理「たん熊 北店」での和朝食になります。いずれも朝6時半からの早めの営業で、朝早くからの観光客に対応しているのか、うれしいところです。私は朝食付きでしたが、料金は両方とも2,970円だったと思います。

 ケイシーは和朝食でもコーヒーが飲みたい方で、たしか和朝食ではコーヒーが付いていなかったのと、初めてだったのでオールデイダイニングでのブッフェにしました。地下一階、中庭に面しています。

 さて、日曜の朝7時前です。普通ならガラガラでしょうが、春の観光シーズンの京都、すでに8割位埋まっています。そのほとんどが外国人観光客です。欧米系とアジア系が半々くらいでしたか。欧米系はリタイアした感じの年配者が中心、アジア系は子供を含むファミリー中心ですかね。まんべんなくの年代。

 日本人は完全アウェイ、端の方に押し込まれています。





 内容は、和洋ホテルの朝食にあるようなものは大体あり、エッグステーションもありました。京都なので京都らしい和のものもありましたね。内容的には十分満足出来ました。
 ただ、アメリカ人ぽいリタイア組のおじさんおばさんが、コーヒーマシーン前に陣取り、自分だけの分じゃなく他の人のコーヒーも淹れ、時間がかかるとと、使用頻度が高すぎて薄いコーヒーしか出なくなっていたのには参りました。(あとでウェイトレスに言って替えてもらいましたが)


 なお、混雑していたので写真は少な目です。




画像

店内より見える、中庭、池、滝?です。




画像

 奥の方にある、ジュースコーナー、そこにあった生オレンジ搾り器です。




画像

 エッグステーションがあり、オムレツを注文しました。




画像

 京風エッグベネディクトがありました。ごぼうとか、魚のすり身?がなどがあり、結構微妙なお味です。




画像

 ホットミールのコーナー、スクランブルエッグやベーコンなど定番ものがあります。




画像

 デニッシュ類です。全体にパン類は少な目。ミニクロワッサンやバターロール、トースト用パンとデニッシュがいくつかといった感じです。ジャムなどはプラスティック容器のパックスタイルです。




画像

 抹茶風味のケーキとか、プリンなどがあります。写真はありませんが、パンケーキやワッフルなどもありました。





画像

 こちらは、レストラン入り口よりすぐの、目立つところに置かれていた、京のおばんざいコーナー、漬物編です。





画像

 こちらは惣菜系ですね。写真はありませんが、ごはん、みそ汁、焼魚、豆腐など、和食の定番ものもそろっております。



  今回で京都東急ホテルの紹介は終わりです。



  京都東急ホテル その1(スタンダードツイン)に戻る


  ★ホテル宿泊記地区別一覧









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック