ウェスティンホテル大阪2016 その3(エグゼクティブダブル:バスルーム・眺め)

 ウェスティンホテル大阪、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2016年8月利用)


 ベッドルームはリニューアルしましたが、バスルーム側は部分部分は補修交換はしてるかもしれませんが、基本的に以前と同じと思われます。

 もともとのスペックがシャワーブースがあり、バスタブも大き目ですので、大きな不満はありませんね。

 眺めは、このホテルでは悪いと思われる北側です。正面に梅田スカイビル、ダブルルームだと北側をあてがわれる可能性が高いとは知っていましたが、ダブルルームですとあとは西側となり何度も利用してるので、特にリクエストはしませんでした。

 


画像

 バスルーム入ったあたりです。ドライエリアは、ベッドルームからのカーペットがそのまま続いております。スツールや体重計が見えます。




画像

 ダブルシンクです。タオル類はハンド、ボディー、フェイス、バスタオル各2枚づつありました。なお、ターンダウンサービスによる交換はありませんでした。




画像

 バスアメニティは、ホテルオリジナル?のホワイトアロエシリーズですね。あまり好みではありませんでしたが。





画像

 ウェットエリアのシャワーブースです。




画像

 バーで高さを調節するシャワーです。





画像

 バスタブです。大き目で快適です。ハンドシャワーもあります。





画像

 トイレです。




画像

 こちらはクローゼットです。全面鏡張りです。





画像

 クローゼット、あけるとこんな感じです。バスローブ、スリッパ、アイロン&アイロン台などがあります。





画像

 バスローブは通常のタオル地タイプとワッフル地があります。





画像

 フロア図です。右が私が利用した客室の眺め北側です。左側がエグゼクティブラウンジであり、眺めが良いと思われる南側になっています。





画像

 眺めです。梅田スカイビルが正面に見えます。





画像

 左手には、湾曲しているためか、淀川も結構見えます。





画像

 夜のスカイビルです。




画像

 ピンぼけていますが、夜景です。


 次回はエグゼクティブラウンジを紹介します。



 ウェスティンホテル大阪2016 その4(エグゼクティブラウンジ:ティータイム)

 ウェスティンホテル大阪2016 その2(エグゼクティブダブル:ベッドルーム)へ戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック