アゴーラプレイス浅草

 2016年10月、アゴーラプレイス浅草に宿泊しました。


 東京にどうしても泊まる必要があり、一休.comにて当日もっとも安く泊まれるホテルを探して、初めて知ったこのホテルに宿泊することにしました。

 休前日ですので、狭いシングルルームでも1万円を超えます。空き室があっただけでもありがたいと思わなきゃ、このご時世だとしょうがないのかな。

 アゴーラと聞いてなんか覚えがあると思ったら、大阪堺で利用したアゴーラリージェンシー堺と同系列のようです。ただし、堺はフルスペックですが、浅草は宿泊特化型のホテルですね。

 このホテルは「『無駄の対価』を頂戴しない」ポリシーとのことで、予め用意しているアメニティグッズ、備品は最小限に抑えています。
 バスルームでいうと、フェイスタオル、バスタオル、バスマットはありますが、歯ブラシやシャンプー、ソープがなく、消耗品系は50円程度からの料金で購入するシステム(もちろん自分で用意していれば問題なし)になっています。スリッパ、ナイトウェア、通常ある無料のお茶等のティーバッグなどもないとのことです。
 
 で、チェックイン時にそれらのアメニティのうち一つだけチョイスできる旨の記載がホームページにあり、それならスリッパにしようかなー、思っていました。


 さて、ホテルの最寄駅は、東京メトロ銀座線、田原町駅にあります。正直、初めて知りました。上野と浅草の間にあり、浅草駅の一つ手前になります。
 2番出口より出て、方向を迷わなければ徒歩で数分です。雷門からも徒歩10分程度でしたので、非常に便利な立地だと思います。

 1階フロント、ロビーは白を基調とした明るいもので、女性や若者、外国人を意識した感じです。そして、シャンプーだ歯ブラシだ、それらのものが、おしゃれに?並べられています。フロントのスタッフも若く、20代といった感じです。

 さて、今回はアメニティがすべて含んでいるプランと聞きほっとします。料金は前会計でした。ちなみにチェックアウトは11時です。





画像

 ホテル外観です。中央、角がカーブになっている建物がホテルになります。



画像

 吹き抜けの2階からフロント周辺を撮影。左側がフロントになります。




画像

 1階ロビー、フロント前の各種グッズ売り場、奥にPCコーナーもあります。




画像

 さて、客室です。12㎡のセミダブルルームになります。





画像

 ダブルといっても、大人二人は無理ですな。大人と子供がせいぜいです。
 折り曲げ自在の読書灯、ベッドボードにコンセント2口、アナログ時計がありました。




画像

 TV、デスク方向。26型日立製のTV。ブルーレイプレイヤーのレンタルがあり、1泊300円、ただし接続はセルフ対応。
 空の冷蔵庫、コップ、電気ポット、セーティボックスはありました。ティーバックは一つ100円とのことです。
 夜のデスクが暗かったです。LEDデスクライトは、1泊300円とのことです。




画像

 バスルームです。いわゆるユニットバスです。この部屋にはバスタブがありますが、シャワーだけの客室もあり、選択は出来ないとのことです。
 シャワーの穴が細い?ウォシュレットも含め、水圧が弱いですね。
 ちなみに、大浴場はありません。
 




画像

 今回プランは、通常のビジネスホテルにあるようなグッズはすべてそろっていました。




画像

 隙間を利用した、クローゼットです。



画像

 フロア図です。下側、国際通り側の部屋でした。




画像

 眺めです。正面がマンション、下が国際通りです。




画像

 スカイツリーがちょっとだけ見えます。



画像

 販売、レンタル品のカタログが客室に置いてありましたね。


 



 ★ホテル宿泊記地区別一覧






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2017年06月08日 05:06
ケーシーさんでもこのクラスのホテルに泊まる事有るんですね。
いつも高級・超高級のホテルばかりだと思っていました。
ケイシー
2017年06月08日 21:22
>とき あきさん
ホテルにいる時間も短かったですし、十分だったと思います。

この記事へのトラックバック