ヒルトン名古屋2017 その2(プレミアエグゼクティブキング)

 さて、ヒルトン名古屋、最初にエグゼクティブルームを案内されましたが、洗い場式バスルームでなかったので、客室の変更を申し出ます。(2017年4月利用)



 えーと、エグゼクティブラウンジのレセプションは電話しても出ないので、フロントに電話しますね。
 しばらく、前回紹介のエグゼクティブルームで待っていると、ラウンジのレセプションより「ちょうど、名古屋駅側のプレミアエグゼクティブルームの空きが出ました。」と電話がありました。そして、移動します。


 ちなみに、プレミアエグゼクティブフロアは、24~27階、エグゼクティブフロアは22~23階になります。


 バスルームを除いては、エグゼクティブルームとプレミアエグゼクティブルームが、違いがほとんどない感じです。

 ターンダウンサービスは、標準であると言っていたのに忘れ去れてしまったのは、残念なところです。連絡して、やってもらいましたが…


 さて、前回と同じような感じですが、ご容赦ください。

 

 
画像

 客室に入ったところです。基本的に、エグゼクティブルームと同じです。



画像

 ベッドです。エグゼクティブルームとの違いを言えば、バスルーム側の壁ですか。くもりガラスがバスルーム側にあるのですが、さらに目隠し用のスライドドアがあります。


画像

 TVもエグゼクティブルームと同じで、ソニー製37か42インチの壁掛けスタイルですね。東芝製ブルーレイプレーヤーも常備。




画像

 前回、ミニバーをあまり紹介してなかったので、触れておきます。





画像

 上に、無料のミネラルウォーターが2本、アイスペール、電気ポットがあります。



画像

 引き出しには、インスタントコーヒーや無料のお茶、タンブラーにマグカップ、スナック等が入っています。




画像

 冷蔵庫です。缶ビールが800円(税別)、ソフトドリンクが550円と高めです。





画像

 バスルームに入ったところです。明らかにエグゼクティブルームとレイアウトが異なりますね。シンクが廊下側にあります。



画像

 シンク周りです。
 タオル類は、ハンド、フェイス、バスタオル各2枚づつでした。





画像

 バスアメニティは、クラブツリー&イブリンです。前のバスアメニティに比べれば、ましですが、難かイマイチなんですよね。





画像

 で、洗い場式バスルーム。




画像

 で、シャワー―ブースです。ハンドシャワーで、バスタブ側に向いているので、お湯が飛び散りますね。エグゼクティブルームにはあった、オーバーヘッドスタイルのシャワーはありませんでした。
 なお、ベッドルーム側は曇りガラス、外の景色は見えません。




画像

 シャワーブース内にも、バスアメニティがあります。




画像

 バスタブです。





画像

 ベッドルーム側から見ると、こんな感じです。





画像

 クローゼットです。バスローブやアイロン台があります。




画像

 荷物台、下のトレイには浴衣やソーイングセットが置いてあります。





画像

 ドア方向です。



画像

 フロア図です。





画像

 眺めは、エグゼクティブルームとほぼ同じの名古屋駅方向です。正面にホテル?マンションがあるのも同じで、眺めが阻害されますね。






 次回は、エグゼクティブラウンジの紹介をします。


 ヒルトン名古屋2017 その3(エグゼクティブラウンジ:アフタヌーンティー)

 ヒルトン名古屋2017 その1(エグゼクティブキング)に戻る


 ホテル宿泊記地区別一覧


 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック