コンラッド大阪 その3(エグゼクティブコーナーキング:ベッドルーム)

 コンラッド大阪、今回は客室の紹介をします。(2017年7月利用)〈CONRAD OSAKA〉



 デラックスキングで予約、ヒルトンゴールドということで、エグゼクティブルームにアップグレードです。

 このホテルは、エグゼクティブフロアがなく、各フロアコーナー部分の2部屋がエグゼクティブルームとして設定され(なので1フロア8室になる?スイートルームなどもあるからフロアによって異なるでしょうが)ラウンジにアクセスできるようです。もちろん、ヒルトンダイヤモンド会員は客室種別にかかわらず、ラウンジにアクセス出来るはずです。

 今回利用した7月はデラックスルームとエグゼクティブルーム(とスイート)という単純な設定のはずだったと思うのですが、現在では、デラックスルームの高層階の一部の客室がプレミアデラックスルーム、エグゼクティブルームのビューバスタイプがエグゼクティブコーナールームになっているようなので、エグゼクティブコーナーと表記しました。


 
 さて、荷物は運んでもらっていたので、アテンドなしで客室に向かいます。


 部屋に入ると、自動的にカーテンが開き、TVも自動的について、JAZZ女性ボーカルの音楽が流れるという演出がありました。

  エグゼクティブルームは客室面積自体が66㎡で、50㎡のデラックスルームより広くなっています。
 扇形、入口部分が狭く、窓側が広がったレイアウト、縦3分2がベッドルーム、縦3分の1のバスルーム、クローゼットになっています。


 ホワイエ部分が黒のタイル、あとは地味な感じのカーペット、天井は白、壁はグレーぽい色でおとなし目、非日常感がバリバリくる感じではなく、オーソドックスな感じでしたね。




画像

 客室階のエレベーターホールです。かなり薄暗いです。




画像

 廊下です。





画像

 客室ドアです。




画像

客室に入り、短いアプローチ部分を過ぎたあたりで撮影しました。




画像

 ベッドです。キングサイズのベッド、クッションヤベッドスローがないベッドメイク、私好みです。


画像

 ベッド左側より。


 
画像

 左側のベッドサイドテーブルには、電話、照明やカーテンを操作するパネルなどがあります。





画像

 右側のベッドサイドテーブルには、bluetooth対応のbose製サウンドシステムがあります。



画像

読書灯です。



画像

 ベッドボード上のアートワークです。



画像

 ベッド上のコンラッドベアー。


画像

 窓側にある、デイベッド風ソファーです。




画像

 和な重箱風容器に入った、マカロンや金平糖などのウェルカムお菓子です。




画像

 デスク、TV、ミニバー方向です。



画像

 丸いテーブル兼デスクです。丸いデスクデスクは苦手です。コーヒーテーブルが別にあるのだから、ちゃんとしたデスクを置いて欲しいところです。椅子はOAチェアで楽でした。





画像

 コンセントや端子類、ティッシュです。



画像

 スツールがあり、開くと鏡になるドレッサースペースがあります。横にはLANケーブル、ルームサービスメニューやレターセットが入った箱がありました。





画像

 TVは、パナソニック製49型で、DVDプレイヤーは常備されてなく、リクエスト対応でとなりました。





画像

 お茶コナーです。こちらは和な雰囲気があります




画像

 お茶コーナーの上段です。無料のミネラルウォーター2本、エスプレッソマシーン、南部鉄器風の急須や茶わん、コーヒーカプセルやティーバッグがありました。




画像

 引き出しを開けると、コーヒーカップ、タンブラーにワイングラス、スピリッツ系がありました。




画像

 別の引き出しを開けると、赤ワインや有料のスナックがあります。





画像

 電気ポットやアイスペールがあります。



画像

 冷蔵庫です。ビールの値段を書き漏らしました。シャンパンが3,800円、ソフトドリンクが600円位(税抜)でしたね。



 次回はバスルームや眺めを紹介します。



 コンラッド大阪 その4(エグゼクティブコーナーキング:バスルーム・眺め)


 コンラッド大阪 その2(パブリックスペース&チェックイン)に戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック