ザ・プリンスパークタワー東京2017 その5(クラブラウンジ:カクテルタイム・ナイトキャップ)

 ザ・プリンスパークタワー東京、今回はプレミアムクラブラウンジ、カクテルタイムやナイトキャップを紹介します。(2017年7月利用)




 カクテルタイムは、17:30~19:30です。オードブル類はティータイムからそのまま流れている感じです。大きな違いはシェフがリクエストに応じその場で作ってくれる3種類の料理ですね。一口大の料理、どれもおいしかったです。
 基本的には、空いていたので、料理も待たず取れました。利用者のほとんどが日本人でした。

 ナイトキャップは19:30~21:30です。チョコやスイーツ、ナッツ類が中心の
ナイトキャップというより、ほとんどカクテルタイムに近い料理のラインナップでしたね。このときは、ガラガラ、数組でした。にもかかわらず、途中から料理が追加されたのに、だれも手を付けない状態でしたね…

 さらにルームサービス特典もあり、飲み物には瓶ビールや冷酒などのアルコールもありますし、コンチネンタルブレックファストやサンドイッチ、パンケーキなどの朝食にも対応しています。いたせりつくせりですね。





 
画像

 カクテルタイム、ビバレッジコナーです。




画像

 シャンパンクーラーの中には、シャンパンと白ワインがあります。隅には赤ワインも見えます。




画像

 スピリッツ類です。
 写真はありませんが、冷蔵庫には、ティータイムと同じくコロナ、ハイネケンなどの瓶ビール、キリン缶ビール、八海山がありました。





画像

 生ハムやサーモンをまいた小袖寿司、シーフードテリーヌ、サンドイッチ、奥の方にはサテや、カスライスしたフランスパンにカマンベールチーズ、チキンガランティーヌ・バルサミコソースなど。




画像

 ピンボケですが、ごぼう巻寿司ロールといった感じのものでした。





画像

 右は瓶に入っているマチュドニア、左はティータイムにもあったロリポップです。写真には写ってませんが、和菓子もありました。



画像

 ティータイムと微妙に違った食事系のミルクロール、クルミロールなどのパンやクロワッサンアマンドが出ています。



画像

 カクテルタイム、シェフがその場で調理してくれます。メニューは3種。
えびとホタテのサフラン煮、国産牛の赤ワイン煮クルトン添え、国産牛フィレのソテーマデラーソース…




画像

 国産牛フィレのソテーマデラーソースです。美味しかったですね。




画像

 国産牛の赤ワイン煮クルトン添えです。これもおいしかったですね




画像

 海老とホタテのサフラン煮です。これもまたおいしかったですね。




画像

 さて、ナイトキャップです。サンドイッチとか、サーモンをまいた小袖寿司などがあります。カマンベールチーズにスライスしたフランスパンなど食事系が結構あります。




画像

 ガラガラなのに途中から新登場の鶏肉のソテーです。





画像

 ボンショコラです。こういうのがナイトキャップの定番ですよね。
 写真はありませんが、瓶に入っていた乾きものが三食マヨネーズなるマヨネーズ風味のおかきに変わっていました。
 写真はありませんが、ミルクロール、クルミロール、クロワッサンアマンドも健在





画像

 夜のプレミアムクラブラウンジです。




画像

 プレミアムクラブフロア―専用(無料)メニューです。コンチネンタルブレックファストやパンケーキなどあり、朝食にも対応しています。





画像

 ハンバーガーがよさそうな感じですが、おなかがいっぱいだったのでミートソースにしておきました。


 次回は、クラブラウンジでの朝食を紹介します。


 ザ・プリンスパークタワー東京2017 その6(プラミアムクラブラウンジ:朝食)

 ザ・プリンスパークタワー東京2017 その4(プレミアムクラブラウンジ:ティータイム)に戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧







 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック