名古屋マリオットアソシアホテル2017 その3(デラックスダブル:バスルーム・眺め)

 名古屋マリオットアソシアホテル、今回はバスルーム、眺め等を紹介します。(2018年9月利用)〈NAGOYA MARRIOTT ASSOCIA HOTEL〉


 久々のマリオットの利用です。バスルームはデラックスルームですので、独立式シャワーブースがあります。それは良いのですが、バスタブと離れていて使いずらいですね。また、2000年開業のホテルですので、レインシャワーではありませんが、シャワーブースがあるのは助かります。

 ココのホテル、こまごまとしたアメニティグッズが好きだったのですが、だいぶ簡素化された気がします。一般フロアの利用となると、10年ぶり位なので、あやふやなんですが、感覚的に少なくなった感じがするんですね。それに、ハンドソープやシャンプー類も大型ボトル式でしたね。

 さて、名古屋マリオットは、20階~49階に客室があり、コンシェルジュフロアは35、37階、47~49階となっています。スカイビューフロアのようなはっきりとした区分はないようですが、運用上は38~46階は高層フロアになっているようで、一休.comなんかでは、分けて販売していますね。

 今回は一般フロアとしては最高層?34階だったので、配慮はあったようですね。
 真ん中より、ちょっと下くらいでしたが、遮るものがない、名古屋駅側だったので、眺めは良かったですね。
 

 



画像

 バスルーム入り口です。ドアのところに姿見があります。




画像

 シンク周りです。タオル類はハンド3、フェイス3、バスタオル3、バスマットが2枚でした。




画像

 ハンドソープ、フェイスソープ、ミルクローションが大型ボトル式であります。




画像

 アメニティグッズやドライヤーなどが、かごにあります。写真では見えませんが、下が使用済みタオルを置けるようになっています。あと、なぜか、THANNのボディーソープだけ小型ボトルでありました。



画像

 左が女性用と右が男性用のスキンケアセットがありました。





画像

 バスタブ方向です。





画像

 ハンドシャワーがあります。シャンプー類は大型ボトル式でした。




画像

 シャワーブース、トイレですね。




画像

 シャワーはバーで高さを変えるタイプ、レインシャワーではありません。やはり、シャンプー類は大型ボトル式です。




画像

 荷物台にクローゼットです。





画像

 クローゼット内です。バスローブ、アイロン&アイロン台があります。



画像

 ドア方向です。




画像

 フロア図です。上が、栄側、下が名古屋駅側になります。右下のカタツムリのしっぽにあたるところだと、絶景の鉄道ビューになります。初めて、このホテルに泊まった時、そこにアサインされたのですが、それっきりあたっていません…




画像

 正面の眺めです。名古屋駅側で、遮るものが何もないですね。



画像

 左手を見れば、少しカーブしている線路が見えますね。



画像

 下を見れば、JR名古屋駅です。新幹線が見えます。




画像

 夜景です。


 次回は、コンシェルジュラウンジの紹介をします。


 名古屋マリオットアソシアホテル2017 その4(コンシェルジュラウンジ:ティータイム)

 名古屋マリオットアソシアホテル2017 その2(デラックスダブル:ベッドルーム)へ戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック