コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その1(コートヤードルーム:ベッドルーム)

 2018年1月、コートヤードバイマリオット新大阪ステーションに宿泊してきました。〈Courtyard by Marriott Shin-Osaka Station〉

 
 マイル消化のための大阪への旅、さて、ホテルはどうしましょう。利用してから間が空いてしまっている、インターコン大阪が第一希望でしたが、相変わらずレートが高いです。ならば、長く続かないと思われるマリオットゴールド会員の特典が活用できる、マリオット大阪を検討しました。しかし、利用してから間が空いてないので、つまらない。

 そうして調べますと、コートヤードバイマリオット新大阪ステーション(長すぎるので以下「コートヤード新大阪」と略します。)にも、クラブラウンジがあるらしく、マリオット大阪に比べれば落ちるでしょうが、未利用なので好奇心が勝ってしまい、コートヤード新大阪に決めました。2017年から続く、マリオット系ホテル行脚第4弾になります。

 マリオットリワードのサイトから予約、スタンダードなコートヤードルームの低層階を予約しましたね。

 飛行機でアクセスするのに、新大阪駅に隣接する新幹線利用が便利なコートヤード新大阪を利用するのは、アホみたいなんですが、まあしょうがありません。


 ホテルの概要を少し記しますと、おそらく3階?がロビーフロアでフロントと朝食会場でもある、ダイニング&バー ラヴァロックがあります。
 4階から18階までが客室、19階にエグゼクティブララウンジ、鉄板焼き、バー、ファンクションルームなどがあります。
 もっと、ビジネスライクかと思ってましたが、意外にも飲食施設が複数あるんですね。


 さて、新大阪へ。駅に隣接しているから行けばわかるだろう。地下鉄の御堂筋線側からの方が近い?などとウロウロしましたが、たどり着きません。
 スマホでチェックすると、新幹線中央改札を地上に下りずに北口(右手)方向へとのこと。そうするとマクドナルドのある側に出口(3階相当)があり出ると、そのままホテルエントランスに通じる歩道橋に出ます。
 直結ではなく、隣接でいったん外に出ますので、雨だと濡れてしまいますね。でもほんの数分で到着です。

 車寄せは1階にあるんでしょう、ここは徒歩専用のエントランス、誰もスタッフがおらず、レストラン用のエントランス?かと思いましたが、左手にフロントがありました。

 カジュアルな黒系の制服、パッと見てホテルのスタッフに見えなかったですね。目が合ってしまった男性のところに向かいます。中東系の若い男性でした。日本が大丈夫かと心配になりましたが、流ちょうなものでした。高層階の客室にアップグレードしたとのこと。また、エグゼクティブラウンジのアクセスもあり、利用案内をもらいます。
及び翌日の朝刊の確認はありましたが、DVDプレイヤーの貸出はないとのことです。

 ちなみに客室への案内はありませんでした。
 客室は30㎡前半くらいの広さ、天井白、壁も基本は白で、ところどころに変化がある感じです。
 コートヤードと聞いて、マリオットの簡易版のイメージやまたラフォーレからのリニューアルなので、オーソドックスなインテリアかと思いましたが、いろいろと工夫している感じです。そういえば、コートヤードの東京ステーションはキュレータールームとかアートなネーミングなので、実はライフスタイル系ホテルだったのかな…





 
画像

 コートヤード新大阪、外観です。




画像

 ホテル、ロビーフロアのエントランスです。新大阪駅ビル3階から、下に下がることなくそのまま通路を歩くとたどり着けます。地上へおりないままステイが終わったので、車寄等がどうなっているのか不明です。
 お正月らしく、角松が飾らえています。





画像

 エントランスに入って、ロビー、レセプションです。




画像

 ロビーフロア、エレベーターホールです。




画像

 客室階エレベーターホールです。




画像

 廊下です。



画像

 客室に入ったところです。



画像

 ダブルベッドです。なにもない、シンプルなベッドメイクです。左側のサイドテーブルには、何も置かれていません。




画像

 ベッドサイドテーブルの上には、照明スイッチ、そしてコンセントがあります。




画像

 右側のベッドサイドテーブルには、アナログ時計と行燈風ライトがあります。



画像

 壁やクッションがゼブラ模様で、アバンギャルドなインテリアです。



画像

 テーブル兼デスクです。丸型白木調の天板のデスクに、5点キャスターのOAチェアですね。壁のアートワークも現代アート風です。



画像

 デスク脇には、電話やコンセントがあります。



画像

 TV、デスク方向です。TVは東芝製32インチの壁掛けタイプ、後ろの壁が白木調になっています。



画像

 荷物台です。この上の壁の色がオレンジとなっており、アクセントになっています。



画像

 引き出しにはナイトシャツが、入っております。下段の引き出しには、ホテルの案内やレターセットがありました。



 次回は、ミニバー、バスルームの紹介をします。


 コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その2(コートヤードルーム:ミニバー・バスルーム・眺め)

 コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その3(エグゼクティブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)

 コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その4(朝食)


 ★ホテル宿泊記地区別一覧






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2018年06月04日 00:19
コートヤードバイマリオット新大阪ステーション
随分長いネーミングですな。
長いネーミングではインターコンチネンタル系が思い浮かびますが・・。
私がもしホテル経営するならもっと簡潔な名前にしたいです。
ケイシー
2018年06月04日 22:30
普通なら、コートヤード新大阪で十分ですが、コートヤードブランドをマリオットが後から買収した?ので、マリオット系であることを分りやすくするために、分りにくくなった感じですね。それに、新幹線駅に近いことをアピールするために、ステーションをくっつけてしまったとか…

この記事へのトラックバック