コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その3(エグゼクティブラウンジ:ティー&カクテルタイム

 コートヤードバイマリオット大阪ステーション、今回はエグゼクティブラウンジを紹介します。(2018年1月利用)


 17~18階がエグゼクティブフロア、エグゼクティブラウンジは19階にあります。
エグゼクティブラウンジは、エグゼクティブフロア宿泊者とマリオットリワードのゴールド会員以上が利用できます。
 こちらのラウンジでは、スタッフはカクテルタイムより前は、常駐しておらず、そのためかチェックイン・チェックアウト等の手続きには対応しておりません。カードキーがないと入れないシステムになっています。

 さて、エグゼクティブラウンジのインテリアはオーソドックスな落ち着いた感じです。広さは中程度、窓側カウンター席が15,6席、二人用テーブルが10卓位、4人用テーブルが2卓くらいとそこそこの人数は利用できます。

 営業時間は、6:00a.m.~0:00a.m.と長いですね。この時間は、デイロングスナックといって、スナック各種(瓶に入ったキャンデーやチョコレート、フルーツ)、ソフトドリンク、グラブ&ゴー(持ち帰りコーヒー)が利用できます。

 ・6:30a.m.~10:30a.m.…ライトミール(コンチネンタルブレックファスト)
 ・10:30a.m.~5:30p.m.…ティータイム
 ・5:30p.m.~9:30p.m.…カクテルタイム
 ・5:30p.m.~7:30p.m.…イブニングスナック(オードブル等)

 ティータイムは簡素、イブニングスナックは思ってたより充実していました。B級グルメ的、カロリーが高い感じがしますが…

 利用者は、やはりインバウンズ客が多い感じで、東アジア系が中心でしたね。ティータイムはガラガラ、イブニングサービス時は混んでいましたね。

 


 

 

 



画像

 エグゼクティブラウンジ入り口です。




画像

 エグゼクティブラウンジの様子です。インテリアは、客室と違って普通な感じです。



画像

 奥が広く見えるのは鏡のためですかね。



 
画像

 廊下側のテーブルはこんな感じです。




画像

 窓側にはカウンターがあります。




画像

 マガジンラックはこんな感じです。



 
画像

 パソコンやプリンターがあるビジネスコーナーもあります。




画像

 エグゼクティブラウンジからの眺めです。客室からの眺めとあまり変わりません。



 
画像

 ティータイムのビバレッジコーナーです。コーヒーはマシーンで、紅茶はTWGでした。テイクアウト用の紙製カップもありました。



画像

 冷蔵庫です。アルコールはありません。ジュース等は独特な栓の瓶に入っています。





画像

 ラウンジ内を左右に仕切る台?の上に、丸ごとフルーツと瓶に入った菓子各種があります。ティータイムはこんなものです。




画像

 ココからは、カクテルタイムです。スパークリングワイン、白ワインなどがあります。ワイン等はチリのものでした。



画像

 スピリッツ各種です。決して高価ではないのですが、「あかし」という、地シングルモルトウィスキーがありましたね。



画像

 カクテルタイムの冷蔵庫です。缶ビール(キリン一番搾り、バドワイザー)が追加されています。




画像

 カクテルタイム、イブニングスナックでのフード類です。意外に充実しています。キッチュやたこ焼きがありますね。



画像

 サラダ、野菜スティックにディップなどがあります。





画像

 春雨のナムル風、ブロッコリーのなんとか、それにもう一種、一口大のオードブルがありました。チーズ、クラッカーもあります。



画像

 ハム数種、枝豆がありますね。




 
画像

 タコスチップス。




画像

 手羽先に春巻き、高カロリー?攻撃…でも基本的に美味しかったですね。



画像

 夜のラウンジはこんな雰囲気です。


 次回は朝食の様子を紹介します。



 コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その4(朝食)


 コートヤードバイマリオット新大阪ステーション その2(コートヤードルーム:ミニバー・バスルーム・眺め)に戻る

 
 ★ホテル宿泊記地区別一覧






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック