モネ それからの100年(横浜美術館)

 2018年7月、横浜美術館で開催されている「モネ それからの100年」に行ってきました。<MONET'S LEGACY>

 名古屋で見たんですが、駆け足だったので、再び見たくて横浜美術館に行ってしまいました。
 いや、とにかく暑かった。(入る前ですが)
 夏休みに入ったくらいでしたので、入場者には小学生もいましたね。そして、休みのためなのか、平日にもかかわらず混んでいました。

 展示している内容は、名古屋の時とほぼ同じのはずですが、館内のレイアウトが違うので、展示方法が若干違っておりました。
 名古屋では、同一平面で、睡蓮の連作を展示していたと記憶していますが、横浜ではコの字状に並べていました。名古屋の方が見やすかったな。全体的になんか、狭苦しい、狭いスペース作品を展示していて、混雑して通り抜けが出来にくいところがあって、そのあたりを改善してほしいな、と思いました。

 前回、名古屋の時は時間の関係もあってほぼスルーした、モネに影響を受けた日本人現代美術家の作品も見ましたね。睡蓮を映像で表現していたりして、興味深い作品もありました。

 そして、同時にコレクション展を行っており、横浜美術館が所蔵するモネの作品や関連する作品、ウォーホールの作品なんかも展示されていました。こちらは広々でしたね。

 モネ展は、9月24日までなので、まだまだ期間はありますね。

 
 


画像

 横浜美術館、外観です。正直、平凡というか、もう一つですね。そして、日差しを遮るものがないので、暑さが強烈でした。




画像

 外のポスターです。




画像

 9月まで開催されているので、まだまだ間に合います。




画像

 2階より1階ホールを撮影。



画像

 こちらは、1階のホール、撮影可能な場所です。ここと常設展示の一部が撮影可能でしたね。2階部分にもかかる巨大な睡蓮のパネルがあり、これはこれで強烈です。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック