建築の日本展~その遺伝子がもたらすもの(六本木ヒルズ森美術館)

 2018年5月、六本木ヒルズ最上層フロアにある森美術館で開催されている「建築の日本展」に行ってきました。同時に開催されているジャンプ展にもふれています。


 ということで、2018年4月~2018年9月17日まで開催されている「建築の日本展」を軽く紹介していきます。
 建築には以前より興味があり、また企画展の入場券で最上階の展望室も入れるので、天気の良い日に行ってきました。

 で、感想ですが、ボリューム不足で期待外れでした。展望室の眺めが良かったのでこれで良い感じ。たしかBS日テレの「ブラブラ美術館・博物館」で、入場者数が累計で×万人(正確な数字は不明ですが多かった)と紹介されていてビックリ。そんな人気が出る展示だったかな?私が行ったときは閑散としていました。

 むしろ、並行して開催されていた少年ジャンプ展が大人気な感じでした。何回か分けて開催されている?今回はVol.2で90年代の主要作品の展示?のようです。90年代半ばは、私的には漫画を卒業した時期、しかも少年誌から興味を失くしていたので、よく知らない。(スラムダンク位は知ってますよ)

 半分、展望室目当てだったので、まあそれなりに満足しました…
 



画像

 六本木ヒルズ、1階の森美術館入り口というか、2階にあるチケット売り場へに続く入り口です。



画像

 建築の日本展の案内です。9月17日までですね。




画像

 冒頭の木を使った建築部分。とりあえず、撮影可だったので撮影。




画像

 京都にある有名な茶室?の精巧な再現建築。




画像

 
画像

 内部も精巧に再現されています。





画像

 で、有名な東京都庁や新宿パークハイアットが入る建物を設計した丹下健三の私邸の模型です。
 代表作の愛媛県庁や代々木体育館の模型もあったのですが、撮影不可。




画像

 なんだったかよく覚えてないのですが、撮影可だったので撮影しました。このようにところどころ窓があって…





画像

 このように、超高層からの眺めも楽しめます。




画像

 むしろ、人気だったのはこちらの方。少年ジャンプ展でしたね、入りませんでしたが。ただこちらのチケットだと展望室には入れないんですよね。



画像

 行列になっているジャンプカフェ’90s。



画像

 各作品に関連したメニュー。まさにインスタ映え、写真がアップしまくられていたでしょうね。





画像

 最上階、展望フロアです。建築の日本展のチケットで入場できます。




画像

 東京タワーです。天気もよく絶景です。



画像

 東京湾。




画像

 渋谷ですね。渋谷駅周辺の建設中等の高層ビル群。



画像

 新宿副都心方向。



画像

 以前のカフェコーナーがリニューアル?おしゃれになっている。「茶と果実」(ティーアンドフルーツスタンド)と変な名前。しかし、閉まっている?



画像

 展望台出口付近に新しくできたレストラン…





画像

 ザ・サン&ザ・ムーンというらしい。気軽な料金ではなかったような…








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック