ANAインターコンチネンタル東京 2018 その1(新クラブインターコンチネンタル:ベッドルーム))

 2018年7月、ANAインターコンチネンタル東京に宿泊しました。〈ANA INTERCONTINENTAL TOKYO〉


 一休.comか、何かのサイトで、クラブフロアの客室がリニューアルされことを知り、利用してみたいな、と思っていました。また、ホテルオークラ東京の新本館の建設状況がどうなっているのか、高いところから見てみたいな(低層階だとビル等で遮られてしまう)とも思っていました。

 一石二鳥、ということでANAインターコン東京のクラブインターコンチネンタルフロアにお泊りです。
 重要なのは、客室の向き、オークラ新本館の工事状況が良く見える部屋、と特別な要望欄に書きたいところですが、マニアックすぎるので(笑)、東京タワー側(同)に抑えておきました。でも、これで、東京タワーが良く見え、オークラが見えない部屋だったら、どうしようとドキドキでした。

 一休から予約、気になったのはクラブラウンジアクセス付のプレミアルーム?(このホテルでは、クラブフロア以外でも、追加料金を支払えばクラブラウンジが利用できる)の方が、新クラブルームより、料金が高かったこと。
 新クラブルームは、バスタブ無しらしいので、それもあるのか、ちょっと腑に落ちません。

 六本木のはずれにあるこのホテル、最寄駅は東京メトロ銀座線の「溜池山王」か、南北線の「六本木1丁目」駅になります。出口からは、近いのですが、溜池山王だと改札出て地下通路を結構歩くのが、難ですね。
 
 さて、リニューアルした新クラブインターコンチネンタルルームの印象は?客室の広さは30㎡ほどで変えられない中、バスタブを廃止し、ガラスで素通しにして部屋を広く見せる工夫、最近のトレンド、真っ白なインテリアではなく、茶やグレー系も入って割合落ち着いた感じといったところですか…
 
 以前の客室も、クラブラウンジ拡大時にリニューアルしているはずで、割合好きだったのですが、インバウンズ客が急拡大する中、対応が必要だったのですかね。バスタブを廃止するということは、もろ外国人狙ってる感じがします。





画像

ホテル外観です。



画像

 2階のメインエントランス脇には、ずらりと自転車が並べられています。




画像

 2階ロビーフロア、高層階フロア用エレベーターホールだったかな。(高層階用と低層階用とエレベーターホールが二つあります。)



画像

 客室階エレベーターホールです。



画像

 新クラブインターコンチネンタルフロア、の廊下です。



画像

 客室前ドアです。




画像

 客室、入ったあたりです。天井は白、カーペットはグレー系、家具は薄い茶色といった感じです。



画像

 キングサイズのベッドです。デュペだけのシンプルなベッドメイク、大きさの異なる枕が3種類。



画像

 左側のベッドサイドテーブルです。予めグラスが置いてありました。電話とメモ帳、後は照明やカーテンの操作パネルなんかもあります。リニューアルしたばかりなのでコンセント、USB端子完備。



画像

 右側のサイドテーブルです。やはりグラスがあり、アナログ時計が置いてあります。なお、読書灯もちゃんとありました。




画像

 ベッドボード上は、こんな感じです。分りにくいですが間接照明になっています。



画像

 窓側には、曲線を帯びたデイベッド風ソアーがあります。




画像

 右隅には、テーブル兼デスクがあります。上にペンダントライト、全体を照らすライトと、スポットライト見たく明るい作業用のライト、二つありました




画像

 テーブルの脇には台があり、電話やTVのリモコン等がります。電話の上側には端子類があり、通常のコンセント外国機器対応コンセント、USB端子などがあります。




画像

 TV方向はこんな感じです。




画像

 TVは、パナソニック製49型です。角度は変えられませんでした。TVの下にBOSE製のスピーカーがあり、bluetoothに対応してます。DVDプレイヤーはリクエストベースです。置き場所がお茶コーナーの上…





画像

 お茶コーナーです。





画像

 上段正面には、ウィスキー知多の中瓶、ドアポケット側にワイングラスやフルート型グラス、ミニウィスキー(シーバスリーガル、メーカーズメーク)が置かれています。



画像

 ネスプレッソマシーン、無料のミネラルウォーター2本、急須等があります。




画像

 引き出しのには、タンブラー、コーヒーカップ、コーヒーカプセル(2種2ケづつ)など。



画像

 紅茶はTWGでした。イングリッシュブレックファスト、カモミール、センチャです。




画像

 冷蔵庫はこんな感じです。ビールは、スーパードライ、黒ラベル、ハイネケンで瓶でした。料金は800円です。ウィスキーの知多・中瓶は7500円でした。




 次回は、バスルーム、眺めを紹介します。


 
 ANAインターコンチネンタル東京2018 その2(クラブインターコンチネンタルルーム:バスルーム・眺め)


 ANAインターコンチネンタル東京2018 その3(クラブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)

 ANAインターコンチネンタル東京2018 その4(クラブラウンジ:朝食)



 ★ホテル宿泊記地区別一覧へ。







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック