ヒルトン東京2018 その1(エグゼクティブキング:客室)

 2018年8月、ヒルトン東京に宿泊しました。

 夏休み、なかなか取れない!そんななか、半休が取れたので、宿泊日の早朝に、これまた消去法でヒルトン東京をHPCJ(ヒルトンプレミアムクラブジャパン)の割引料金で予約しました。
 高騰する東京のホテル、以前だったらビジネス需要が落ちる夏休みの時期ですが、もうインバウンズ客の増加で関係なくなってます!
 そうなってくると、HPCJ割引がある、ヒルトンが浮上してくる…

 一応、ヒルトンゴールドなので、アップグレード狙いもあったのですが、ダイヤモンド会員と異なり、エグゼクティブラウンジへのアクセスが保障されてないので、エグゼクティブルームで予約しました。結果的には失敗です。今回の状況なら、一般ルームで良かったかな…


 さて、午前中仕事、午後ホテルに向かいます。アクセスは車、車で行くのは初めてですね。駐車場は地下2,3階にありました。壁?がなく、広々としています。
 駐車場の案内にホテル用エレベーターとオフィス用エレベーターがあるのに驚きます。??ヒルトン東京は、建物丸ごとホテルとばっかり思っていたので、びっくり。客室からの眺めは東西両方向あるので、低層階での建物縦分割での使用なのかな。
 地下に、レストラン・ショッピング街があるのも初めて知りました。今まで何回も、利用しているのですが、ホテルに着くとまっすぐ、エグゼクティブラウンジに行き、出るときはまっすぐシャトルバスでしたからね。

 エグゼクティブラウンジで、チェックインです。平日の昼なのにレセプションが混雑しています。やはり、外国人客が多いようです。
 スタッフから、「エグゼクティブルームの予約だったので、アップグレードが出来ませんでしたので…」アップグレードが出来たのに、という言い方?代りに、お酒かお菓子かとなり、赤ワインをお願いします。


 さて、客室です。30㎡くらいのエグゼクティブキング、昔からある赤い一人用ソアーやガラスの天板のデスクの部屋です。天井・壁は基本、白かクリーム色、ベッドボード側やエントランス部分は木目調、TVの後ろ側の壁はメタリック調、ミニバーにも赤が入り、アクセントをつけています。

 ベッドルーム側のインテリアはまあまあです。しかし、バスルームが洗い場式ではなく、シャワーカーテンの代りにアクリル板がある、私が嫌いなタイプでしたね。
 2年前くらいに利用した時は洗い場式だったので、残念でした。また、バスローブはなく、リクエスト対応、おそらくターンダウンもそうかと思います。


 バスルームには、若干不満はありますが、おおむね客室は快適でした。アプグレード出来ない代わりの赤ワインは忘れられ、電話すると+チョコレートとなりました。まあ、問題は混雑するエグゼクティブラウンジと自身の体調でした…


 



 



画像

 ヒルトン東京、外観です。



画像

 ヒルトンがある西新宿の周辺地図です。現在地の下側が、ヒルトン東京になります。となりには、ハイアットリージェンシー東京もあります。



画像

  ヒルトン東京は、ホテル1棟建てとばかり思っていましたが、オフィスやリサイクルセンター、地下街などもある複合ビルだったんですね。



画像

 エントランス・車寄せです。



画像

 地下駐車場です。



画像

 地下3階、駐車場案内図です。




画像

 1階、エレベーターホールです。



画像

 客室、入ったところです。




画像

 ベッドです。ヒルトンらしいシンプルなベッドメイク。



画像

 赤い、一人用ソファーが特徴的です。ただ、コーヒーテーブルがないのが不便ですね。スペースがあるので二人用ソアーも置けそうです。
 ベッドサイドテーブルには、TDKのiPOD対応のステレオがあるのですが、コネクターが旧式のドックコネクター、bluetoothに対応しているか不明です。あと、探したのですがベッドサイドにコンセントがありませんでした。




画像

 昨今は丸型木製テーブル兼用デスクが主流ですが、ガラスの天板のこのデスク、これは残しておいてほしいな。



画像

 TV,ミニバー方向です。DVDプレイヤーは常備されています。TVはシャープ製32型です。ビクター製のDVDプレイヤーは常備されているが、リモコンがありませんので不便。


 



画像

 無料のミネラルウォーターが2本、急須に湯飲み茶わん、コーヒープレス、ティーバッグが入った容器なのがあります。容器にはネスカフェのインスタントコーヒー、煎茶、紅茶、カモミールティーのティーバッグがありました。



画像

 電気ケトル、マグカップ、ロックグラス、タンブラーなどがあります。




画像

 冷蔵庫内です。缶ビールが780円(税込)、ソフトドリンクが560円より。




画像

 こちらは、バスルームです。トイレを挟んで、洗面スペースとバスタブがある、一昔前のシティホテルのレイアウトですね。




画像

 バスアメニティは、Crabtree&Evelynです。シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディーローションが二つづつあります。
 タオルがハンド、フェイス、バスタオルが3枚づつありました。



画像

 バスタブです。シャワーは写ってませんがシャワーヘッドが大きいタイプでした。シャワーカーテンの代りに透明なアクリル板がありますが、これは苦手ですね。




画像

 ドア方向です。左手前にクローゼット、奥に荷物台があります。



画像

 クローゼットです。アイロンがあります。写真はありませんが、浴衣などもありました。




画像

 フロア図です。ちょっと分りくいですね。




画像

 眺めです。東側で、新宿副都心高層ビルビューです。前回と同じだったかな。




画像

 夜景です。金曜ということもあり、夜景はきれいでしたね。




画像

 右側の高いビルは都庁で、カラー照明ですね。分りにくいですが、中央のビルの左側に、NTTタワーがあり、こちらもカラー照明ですね。




 次回は、エグゼクティブラウンジの紹介をします。

 
 ヒルトン東京2018 その2(エグゼクティブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)

 ヒルトン東京2018 その3(朝食:マーブルラウンジ・エグゼクティブラウンジ)



 ★ホテル宿泊記地区別一覧






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

とき あき
2019年01月29日 21:41
自殺や殺人が有った物件は事故物件と呼ぶらしいですが・・。
(誰が呼んでるの?)
各地の事故物件のホテルにもよくご利用の様ですが・・。
そういう事は余り気に成りませんか?。
私はそういうホテルは嫌だけど、それを気にしてるとホテルを利用出来なくなる・・。
ケイシー
2019年01月30日 22:30
住むのならば、気にしますが、泊まるくらいなら気にしませんね。もちろん、この部屋でこういう事件があったよ、と言われたら、嫌な気分になりますが。
 なのでしいていえば、気にしないタイプです。

この記事へのトラックバック