ハタゴイン静岡吉田インター

 2018年11月、ハタゴイン静岡吉田インターに宿泊してきました。〈HATAGO INN Shizuoka Yoshido IC〉


 静岡県内で、高速のインターに近くで、料金手ごろなホテルを検索、他にもインター近くのビジネスホテル系はあったのですが、新しいのと約1万冊のマンガがあるライブラリーラウンジがあると知り興味を持ち、決めましたね。
 ちなみに同ブランドのホテルが、関空や福島県にもあるようです。

【概要】

・CI/CO…15時/10時
・客室数…110
・キャンセル料…前日20%、当日80%、不泊100%

・レストラン数…0(宿泊者用朝食会場のみ)
・フィットネス・プール…×
・大浴場…○
・無料WiFi…○
・客室への案内…×
・ルームサービス…×
・ターンダウンサービス…×
・朝食料金…700円、ブッフェ(6:30~9:00)

・シャトルバス…×
・駐車場…○(81台)無料
・交通アクセス…東名高速道路・吉田インターより車にて数分、(以下はホテル公式サイトより)東海道線島田駅よりタクシーで18分、静岡空港よりタクシーで15分

・今回の予約方法…一休.com

 
 車でアクセス、東名の吉田インターより数分です。ちょうど市境で、ややこしいのですが吉田市ではなく静岡県島田市にホテルがあります。インターから向かうと、右側にホテルがあり、中央分離帯はないの右折出来ると思いますが、片側2車線のそこそこ交通量のある道路なので、適当なところでUターンしてホテルに向かいましたね。

 新しくて(2017年12月開業)、きれい、シンプルな造りのホテル、フロントでチェックイン、宿泊カードなどを記入します。料金は前払い、しかしフロントで支払うのではなく、すぐそばの自動清算器で支払うシステムです。
 通常は5,000~6,000円くらい、今回は連休だったので1万円+朝食代でちょっと高い感じです。

 客室には最低限なもの、歯ブラシやタオル、シャンプー類しか置いてなく、その他のヘアブラシや綿棒、インスタントのお茶等は、1階エレベーター横にある、アメニティグッズのコーナーより各自持っていくとのことです。




画像

  ホテル外観です。6階建て、丸ごとホテル、ホテルの周りは露天の駐車場です。



画像

 エントランスです。



画像

 フロントそばにある自動清算器。



画像

 フロントの先にあるラウンジ&ライブラリー、朝は朝食会場になります。




画像

周りの本棚にはコミックがたっぷり…コミック以外にも文庫本や実用書、絵本などもありました。




画像

 上下ぎっしりとありますね。ラウンジで読む分には、各自勝手に読んで戻す、客室で読みたい場合は、貸出票みたいな紙があり、そこにコミック名や部屋番号を記入します。返すのはいつでも構わない、チェックアウトの時でもいいとのことでした。
 今回は読みたかったキングダム(中国、若き日の秦の始皇帝の姿を描く)を借りました。ちょうど、実写版の映画が公開中でしたっけ。
 ちなみに普段は、ほとんど漫画は読みませんね。




画像

 逆サイドからラウンジを撮影。




画像

 目についたのが、「今日は会社休みます」。数年前綾瀬はるか主演でドラマ化、見てませんが何となくタイトルを憶えていました。コミックも読んでいませんが…





画像

 1階エレベーター前です。6階建てなので、1基ですね。
 面白いのはエレベーター内が見ることが出来るモニターがあって、混雑状況が確認できます。(防犯対策かもしれないが)




画像

 客室には、タオル等必要最小限に抑えられているので、ヘアブラシや綿棒等は1階エレベーター脇の、ここから持っていきます。



画像

 各フロアの案内です。1階に大浴場「駿河湯」やコインランドリーがあります。(大浴場にはタオル類は置いてないようです。)




画像

 客室です。13㎡位のシングルルーム、フローリング、ナチュラルなインテリアでした。
ベッドは、セミダブルサイズ、デュペだけのベッドメイキングです。ナイトシャツがベッド上に置かれています。



画像

 ベッドボードに照明スイッチや、コンセント、USB端子などがあります。



画像

 デスク、一体の棚?や冷蔵庫などがあります。




画像

 お茶コーナー、マグカップと電気ポットのみです。いわゆるコップ、タンブラーもいありません。無料のお茶等は、1階エレベーター脇から持ってくる必要があります。当然、無料のミネラルウォーターなんてものもありません。




画像

 冷蔵庫は空ですね。




画像

 TVは壁掛け、ソニー製32型位でした。DVDプレイヤーの貸出なんかも確かなかったです。





画像

 鏡とちょっとした棚があるので、簡易ドレッサーになるのかな。いや、姿見代りか。スツールとかはありません。下に空気清浄機が標準で置いてあります。




画像

 バスルーム入ったあたり、まずトイレがあるビジネスホテルなレイアウトです。新しいのと、木(もどき?)を多用しているのは良いです。
 備え付けのアメニティグッズは、歯ブラシと髭剃りのみです。
 タオル類は、フェイスタオル1、バスタオル1、バスマット1でした。
 ゴミ箱がないのは不便ですね。



画像

 ちっちゃめシンクにバスタブ、シャワーですね。シャンプー類は大型ボトル、ポーラ製の「ひととき」というブランドでした。ただ、通常あるハンドソープがなく不便。




画像

 クローゼットがないので、壁にハンガーをかけます。二つしかありませんね。追加はフロントに申し出れば対応してもらえます。



画像

 天井を見ると、墨で描いたようなアートワークがあります。




画像

 デスク側の壁にある、アートワークも夜になると間接照明が入りいい感じです。



画像

 フロア図です。下がエントランス側、西側になります。



画像

 窓です。布製?のブラインドでいまいちな使用感。



画像

 眺めはエントランス側、西側でした。西日がひどくて、部屋は温室状態でした。
前はホテルの駐車場、国道、そして、なんかのお菓子屋みたいのがあり、結構車が入っていました。




 
画像

 裏の駐車場より、東側を見ると、うっすら富士山が見えました。(写真中央です。)


 朝食は、朝食つきプランで600円、当日頼んでも700円です。内容は、料金相応です。調理施設がないので、ごはん以外は、どっかから持ってきて温めているだけの感です。
 また、午前中、フロント前に無料のコーヒーが置いてあります。

 隣はセブンイレブン、視界にマックやコメダ珈琲や牛丼店があるので、B級になりますが、不自由しない感じです。


 土地勘がないので、客層が分りません。休日の朝に、仕事の話をしている男性グループがいたので、近くに工場や研究所があるんでしょうか。インター近くなのでそうでしょうね。体育会系女子のグループ(ジャージ姿)や家族連れ等様々でした。ホテルの前にタクシーがいたのを見てないので、みなマイカー利用なんでしょうか。

 まあ、新しいホテル、駐車場が広いので、停められないかもの不安がなく、大浴場もあり(利用しませんでしたか)、コミックもあるのは良かったです。あとは備品等の省力し過ぎの是正、朝食に力を入れてくれたら、アリだと思います。

 


 ★ホテル宿泊記地区別一覧







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2019年06月19日 23:32
最近のホテルはフロントの事をレセプションって呼ぶんでしょうか?。
私はずっとフロントって呼ぶんだと思ってました。
検索するとフロントもレセプションも受付も殆ど同じ意味らしいですが・・。
ケイシー
2019年06月20日 22:13
最近は、レセプションと表記をしているホテルの方が多い感じがします。私はクラブラウンジ等のレセプションと区別するため、一般的な受付の方をフロントと記載しています。ちなみにフロントは和製英語で、正式にはフロントデスクと呼ぶようですね。

この記事へのトラックバック