「厨 しんさく」(金沢)での夕食(2018年)

 さて、金沢での夕食のレポです。(2018年12月)


 ホテルのコンシェルジュの紹介で訪れたのは、「厨(くりや) しんさく」さんです。

 金沢東急ホテルから、徒歩10分弱?、木倉町という飲食店が集まるエリアにあります。
 ジャンルは、日本料理、割烹、小料理といったところでしょうか。

 こじんまりとした店で訪れた時、はじめは気づかず通り過ぎてしまいました。

 店内はカウンターが9席、半個室なテーブル席が2席、白木のカウンターが真新しく、開店してまだ3年ほどだそうです。

 店内に入るとカウンターに案内されました。コース料理はなく(聞くとそういわれました。ただ、ネットで調べると事前予約が必要なようですが、コース料理はあるようです。)、手書き風のアラカルトのメニューから選ぶようになります。ただ困ったことに値段の表記がありません。ちなみに飲み物方は値段の表記がありますね。

 突き出しは、ゴマ豆腐、後は今日のケイシーのテーマは寒ブリだったので、寒ブリをたっぷり食べられれば幸せ、後は適当でいいやと、料金が行き過ぎないように少な目に注文しましたね。事前にコンシェルジュを通じ、クレジットカードが使え、おおむね6~7,000円が目安と聞いていました。

 クラブラウンジで、しこたま飲んできたので、アルコールはもう結構な感じでしたが、はじめに「お飲み物は」と聞かれてしまったし、飲まないと間が持たない感じだったので、冷酒を頼んでしまいましたね。

 失敗したのはクラブラウンジで飲みすぎたこと。アルコールを2杯くらいに抑え、この店でゆっくり日本酒を飲みながら、食事をしたかったですね。最高の酒の肴の感じです。

 量的には少な目、女性やシニアには良いかもしれませんね。





IMG_7611 - 2.JPG
 厨しんさく、店の様子です。




IMG_7580.JPG
 カウンターのセッティングはこんな感じです。




IMG_7606.JPG
 手書き風メニューです。




IMG_7582.JPG
 こちらは飲み物のメニューです。値段の表記がありますね。




IMG_7584.JPG
 日本酒、加賀鳶だったかな。ガラス製の酒器がおしゃれですね。



IMG_7585.JPG
 突き出しはゴマ豆腐でした。カニが少し乗っています。



IMG_7586.JPG
 白子ポン酢です。酒がすすみますね。プリン体が心配ですが…



IMG_7587.JPG
 寒ブリです。寒ブリのそうですが、つまもののボリューム感が欲しかったですね。




IMG_7592.JPG
 本日の和牛です。ヒレのそばの何とかと説明されましたが、忘れましたね。レア気味で柔らかく美味しかったです。生姜醤油が添えられていました。



IMG_7593.JPG
 ズワイガニです。ジュレが載っていますね



IMG_7609.JPG
 締め寒ウナギ丼です。周りを見ると、蟹雑炊を頼んでる方が多かったですね。



IMG_7598.JPG
 こういった飾り?アートワークもよいです。



 料金的には、コンシェルジュが目安と言っていた金額と大体同じでした。利用者の年齢層は高めかな。大将の感じは良く、接客もよかったと思います。利用する場合は要予約。店内に飾られているものもセンスが良く、アートワークぽいモノもありました。機会があれば?また訪れたいと思います。


 まだ、金沢編が続きます…










 


 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2019年07月31日 01:44
このブログで飲食店及びそこの料理が出て来るのは珍しいですね~。
ケイシー
2019年07月31日 21:35
そうですね、珍しいですよね。貴重かもしれません。(苦笑)

この記事へのトラックバック