プルマン東京田町 その2(エグゼクティブ・デラックスキング)

プルマン東京田町、今回は客室を紹介します。(2019年7月利用)


 チェックインの続きです。2階のフロントから、スタッフの案内で9階のエグゼクティブラウンジに向かいます。エグゼクティブラウンジはカードキーがないと入れないので、フロントによる必要があります。

 エグゼクティブラウンジのスタッフに、レセプション脇の席を案内されますが、先客がいて居心地が悪いので、勝手にラウンジ内のソファーで休みます。
 あとから、スタッフが来てチェックインの手続きです。その時飲み物を聞かれましたが、アイスティーはないとのこと。外資系ホテルのラウンジでたまにある、アイスコーヒー・ティー、冷たいウーロン茶がないホテルのようです。

 チェックイン時に料金明細を見たのですが、金額が一休.comのものと違う?一休の即時ポイント(通常はポイントをためて後から使うのですが、利用時にポイントが使える不思議な制度)を利用したプランでしたが、ポイント分が引かれていません。チェックアウトの時に引かれるとのことですが、なんとなく腑に落ちないですね。なお、料金は一休即時ポイント利用で3万4千円くらいでした。



 さて、客室です。広さが29㎡のエグゼクティブデラックスキング、このホテルでは標準的な広さの客室です。まあ、広くはないのですが、その代り天井が高いですね。インテリアは天井白、壁はうっすら模様が入ったクリーム色、床はフローリングでベッド周りだけカーペットが敷いてあります。

 天井は二重構造?うまく説明できないのですが、そこから間接照明になっています。
窓側にソファーがあり、その横にお茶コーナーを置き、TVがあるサイドはすっきりしています。29㎡の割には狭さ感を感じません。バスタブがないシャワーオンリーの客室のためかもしれませんが。
 あと気になったのがデスクがないこと。その代りになるワークステーション?カウンターのようなものもありません。スマホですべて済ませる方は問題ないと思いますが、ノートパソコン等を利用する方は不便かもしれません。

 眺めは、線路側でした。イマイチなオフィスビューですが、窓をくっつければですが、トレインビューが救いです。逆サイドのホテルよりはるかに高い、田町ステーションタワーSビューよりましだと思います。
 しかし、どーしてホテルだけこんな低層なのか不思議です。どちらかのステーションタワーの高層にしてくれればいいのに…





 





IMG_2755.JPG
 客室階エレベーターホールです。



IMG_2757.JPG
 客室階廊下です。なかなか雰囲気は良いです。



IMG_2760.JPG
 客室入ったあたりです。



IMG_2763.JPG
 キングベッドです。デュペだけのシンプルなベッドメイクは好みです。



IMG_2766.JPG
 右側のベッドサイドテーブルには、珍しい丸いメモパッド、BOSE製bluetoothスピーカー、コンセント・USBポートが各1づつありました。




IMG_2771.JPG
 左のベッドサイドテーブルには、デジタル時計とティッシュがあります。



IMG_2842.JPG
 ベッドの上の方は、格子状の独特なデザインです。




IMG_2774.JPG
 窓側にはソアー、これは良いです。そして、お茶コーナーが右側にあります。




IMG_2777.JPG
 ソファーの横のちょっとした隙間のこんなところに、電話とホテルの簡単な説明の冊子があります。




IMG_2780.JPG
 天板上には、イリー製のエスプレッソマシーンがあります。カップもイリーのロゴ入りでなかなか良いです。コーヒーカプセルは3個、ただ砂糖はあるのですがコーヒー用のクリーム・パウダー等がなかったですね。ミネラルウォーター(無料)はエビアンで、ここはフランスのを揃えていますね。




IMG_2793.JPG
 引き出しには、タンブラーとロックグラスが入っています。



IMG_2794.JPG
 引き出し2段目には、レギュラーサイズのコーヒーカップ、ティーバッグ(LUPIIA)が4種ありました。
 写真はありませんが、電気ケトルがあり、アイスペールはありませんでしたね。




IMG_2797.JPG
 冷蔵庫はこんな感じ、品ぞろえは少ない感じです。コエドビールは600円、スムージーは400円、もう1種は300円(いずれも税別)でした。




IMG_2784.JPG
 TV方向です。TVはパナソニック製、49型。ユーチューブ、Netfiix、アマゾンプライム、Hula等が視聴可能というのが今どきのホテルです。そういう今どきのホテルなためかDVDプレイヤーの貸出はありません。
 TVの右側のアートワークがよいですね。



IMG_2798.JPG
 バスルーム入ったあたり。ベイシンの色合いがなんか焼きものみたいで雰囲気が出ています。
 タオル類は、ハンド、フェイス2、バスタオル、バスマット1でした。バスローブもたたまれてあります。




IMG_2802.JPG
 渋い高級そうなシルバー?の箱の中には、歯ブラシ等のアメニティグッズが入っています。写真ではわかないと思いますが、プルマンのロゴが入っています。手前には、COBigelowの固形石鹸とボディローションがあります。



IMG_2840.JPG
 COBigelowの女性用コスメセットもあります。




IMG_2809.JPG
 シャワーブースです。このタイプの客室にはバスタブがないんですね。



IMG_2810.JPG
 レインシャワーとハンドシャワーが一部見えます。レインシャワーはヘッドの穴がいまいちなのか、湯がばらけた感じになりいまいちです。ハンドシャワーは水圧多角で良いです。
 客室の天井が高いのですが、当然ここも天井が高いです。



IMG_2813.JPG
 COBigelowのシャンプー、コンディショナー、シャワージェルがあります。
 



IMG_2816.JPG
 トイレです。棚に飾ってある和な花瓶風オブジェが良いですね。




IMG_2820.JPG
 クローゼットには、アイロン&アイロン台があります。ハンガーは壁に並行にかけるタイプで、奥行きがないですね。もう一方のクローゼットには、スリッパがありました。。



IMG_2827.JPG
 ドア方向です。



IMG_2828.JPG
 フロア図です。




IMG_2829.JPG
 窓方向です。


IMG_2832.JPG
 眺めは線路側です。ただ、正面は面白みのない、オフィスビルビューです。でも、逆サイドの田町ステーションタワーSお見合いビューよりましだと思います。




IMG_2830.JPG
 窓に顔をくっつけて下を見ると線路が見えます。JR田町駅のホームがありますね。





IMG_2836.JPG
 新幹線も通ります。



IMG_3031.JPG
 日曜ということもあって、寂しい夜景でした。



IMG_3033.JPG
 駅は明るいですね。


 次回はエグゼクティブラウンジの紹介をします。


 プルマン東京田町 その1(イントロダクション)に戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧










































プルマン東京田町、今回は客室を紹介します。(2019年7月利用)


 チェックインの続きです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

旅人風情
2019年12月18日 12:08
田町…なつかしいですね。確か、駅の西側には車が入ってこられないような路地の商店街があって、周辺のオフィスや大使館とは対照的な、ごちゃごちゃした(いい意味で)感じで。チェーン店ではない居酒屋とかもあって、呑べえには意外に楽しめますよね。
ケイシー
2019年12月18日 22:22
そうですね。西側は三田方向で、ごちゃごちゃ感がありますね。吉田類さんが放浪してそうな…今回はアルコールはホテルのEXラウンジを利用、食事はすぐそばのムスブ田町で済ませてしまいましたが。
 ホテルがあるのは、東側でおそらく工場・倉庫街だったところを再開発した?(道路等が新しい感じがしました)じゃないかと想像します。