横浜散歩2019(山下公園~横浜赤レンガ倉庫~横浜ハンマーヘッド)

 2019年12月某日、横浜の港付近を散策しました。


 横浜に所要があり、天気が良かったので空いた時間でブラブラしました。
 臨海公園である山下公園を出発し、クリスマス気分で盛り上がる赤レンガ倉庫、メイン目的の2019年10月にオープンした横浜ハンマーヘッド、ハンマーヘッド内に開業したインターコンチネンタル横浜ピア8がどんなもんかチェックしてきました。




IMG_5304.JPG
 海沿いにある山下公園、いい天気です。



IMG_5305.JPG
 ちょっと遠くにベイブリッジが見えます。




IMG_5306.JPG
 戦前、シアトル航路で活躍した氷川丸が停泊しています。



IMG_5307.JPG
 ホテルニューグランドのタワー館とマリンタワーが見えます。




IMG_5308.JPG
 みなとみらい方向、手前には大型豪華客船が停泊する大桟橋、そのターミナルが見えます。その先には、みなとみらいのビル群が見えます。




IMG_5310.JPG
 大桟橋付近より、通称汽車道、廃線敷地を利用した高架の遊歩道をつかって、横浜赤レンガ倉庫方向に向かいます。




IMG_5313.JPG
 象の鼻テラスカフェ。



IMG_5314.JPG
 横浜赤レンガ倉庫が見えてきます。




IMG_5319.JPG
 手前では、「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」のイベントの一環としてスケートリンクが営業中です。
2020年2月16日まで営業予定。



IMG_5321.JPG
 ドイツのクリスマスマーケットをイメージした?「Christmas Market in横浜赤レンガ倉庫」が開催中、こちらは12月25日までです。



IMG_5326 -2.JPG
 クリスマスツリーです。なかなか大きくてきれいですね。




IMG_5329.JPG
 一番奥で、クリスマスツリーの正面、後ろは海という絶好のロケーションにモエ・シャンドンのショップがあります。



IMG_5333.JPG



IMG_5335.JPG
 メニュー?グラスシャンパンにおつまみが付いて、1,400円?位とお手頃価格。空いていたので、雰囲気を味わおうかと思いましたが、客引きの黒服風お兄さんは、カップルや女性グループには声をかけますが、完全リーマンスタイルのケイシーには目もくれませんでした。



IMG_5339.JPG 
クリスマスマーケットの案内




IMG_5340.JPG
 だんだん、陽も暮れて、ライトアップが美しい赤レンガ倉庫。



IMG_5341.JPG
 こちらも、海沿いにあるマリン&ウォーク横浜です。2階建て、パティオがある外玄関・廊下の建物。雨の日などはきつそうです。



IMG_5400.JPG
 フロア図です。



IMG_5403 -2.JPG
 パティオ内のイルミネーションがなかなかきれいです。



IMG_5347.JPG
 さてさて、ケイシー的にはメインイベント、横浜ハンマーヘッドに到着です。横浜ハンマーヘッドとは、新港ふ頭ターミナルのことで、客船のふ頭が新設されその客船ターミナルをを中心とした施設です。
 さて、日も暮れて、雰囲気が出てきてますね。建物は5階建て、ホテルは1,2階の一部と、3~5階、屋上を占めるようです。すぐ海の低層ホテルですね。



IMG_5352.JPG
 インターコンチネンタル横浜Pier8のメインエントランス付近です。用がないと入りずらい感が満載です。



IMG_5355.JPG
 ホテルのロゴです。




IMG_5356.JPG
 横浜ハンマーヘッドのフロア図です。黄色のエリア内にインターコンチネンタル横浜ピア8があります。1階の海側は新港ふ頭客船ターミナルのとしての税関等の施設、残りの1,2階がショップ&レストランで、そのまた残りの1,2階と3~5階がホテルになるわけですね。




IMG_5366.JPG
ショップ&レストランの案内です。こじゃれた系のショップ、レストラン、カフェばかりです。和食のレストランはない?伊藤園のカフェがありますがこれもおしゃれ系…おじさんは浮いちゃいますね。
 あと、ファクトリーとかロースタリーとかが名前についている店が多く、製造過程を魅せる演出をしているみたいですね。




IMG_5371.JPG
 2階から1階付近を撮影しました。



IMG_5376.JPG
 横浜銘菓、ありあけハーバーのショップです。スタジオとは?



IMG_5375 - 2.JPG 
ファクトリーではないのですが、やはり製造過程を魅せてくれるのですね。



IMG_5378.JPG
こちらは鎌倉紅谷kurumicco Factoryです。ここも製造過程が見えるようになっていて、また併設のカフェがあり、海側の眺めが楽しめます。ケイシーはカフェは利用せず、詰め合わせ(クルミッコ入り)を購入しましたね。


IMG_5385.JPG
 こちらは、VANILABEANS THE ROASTERYです。コーヒー専門店かと思いましたら、チョコレート専門店のようですね。カカオ豆を焙煎するのでROASTERYってついてるんですね。コーヒーももちろんありますが。




IMG_5386 - 2.JPG
 店内の様子です。窓側はみなとみらいの夜景を楽しめそうです。




IMG_5392.JPG
 2階部分は、カフェ等のテラス席と重なる部分もありますが建物を囲むようにテラスがあり(一部ない部分もありますが)誰でも自由に入れます。犬を散歩させている人もいるのでペットもOK?



IMG_5389.JPG
 テラスからのみなとみらいビル群の夜景です。右側の明かりが暗い建物が、横浜ベイホテル東急です。



IMG_5379.JPG
 暗くて分かりずらいかもしれませんが、海側正面には、ハンマーヘッドの由来、大型クレーンがあります。


IMG_5363.JPG
 ヨットの帆の形をした、本家ヨコハマグラントインターコンチネンタルもすぐそばに見えます。この可角度で撮影することはあまりないですね。



IMG_5422.JPG
 横浜ハンマーヘッドから移動中に撮影しました。横浜ランドマークタワーも平日なためか、中低層のオフィス部分が明るくきれいですね。高層部は、横浜ロイヤルパークホテルです。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とき あき
2019年12月21日 02:24
シェラトン都ホテル東京とリーガロイヤルホテル東京は利用された事有りますか?。
これらの宿泊記を見てみたいです。
眺望にうるさいケイシーさん。
もし利用されてないとしたら、両ホテルとも低層~中層、高層ホテルでは無い。
従って眺望は期待出来ないとかが理由かな?。
両ホテルとも庭が有る様です。
ケイシー
2019年12月22日 02:43
シェラトン都東京は10年以上前に利用してます。リニューアルしたフロアを利用しましたが、期待外れだった記憶があります。まあ、だいぶ前なので、あいまいな感じですが。
クラブフロアが新設?リニューアルしているようなので、料金によってはとは思いますが、やはり眺めと施設全体の古さがネックですね。

 リーガロイヤル東京については、眺めが悪そう(庭園ビューが特に好みではないのもあります)、他のリーガロイヤルを利用した時、よかった感じがなかった等があり、他に新しいホテルがどんどんできている中、利用する可能性は低いですね。
旅人風情
2019年12月22日 17:50
こんにちは。本当は他の記事にコメントすべきですが、リーガロイヤルに反応してしまいました。
過日、リーガ1Fの中華料理店を貸し切っての宴会に参加しましたが、平日とはいえ、20時を過ぎるとロビーががらがらでしーーーんと静まり返っていました。「リーガロイヤル」という名を冠した、しかも東京のホテルでこの状況?と不思議に思いながら帰路につきました。やはり立地がいまいちなのかなぁと思いました。
ケイシー
2019年12月22日 21:26
ホテルのレストランを貸し切っての宴会とは豪勢ですね。
リーガロイヤル東京については、漠然としたイメージしかないんですよ。

 以前は早稲田という名前が入っていた?だから高田馬場近辺?確かそばに庭園があり、丸ごとホテル一棟、眺めは期待出来そうもない?交通不便?なぜ関西の雄リーガロイヤルがこの地を選んだのか?等といった感じです。
 利用したことがないので違っているかもしれません。

 旅人風情さんが平日利用で閑散という印象があるなら、多少は当たっているのでしょうか。もちろん隠れ家ホテルというのもありますが。
 
他でも、利用してみたら意外とよかったということがあったので、きっかけがあって利用すれば違うかもしれませんが、他のホテルに目移りしちゃいますね。
 
とき あき
2019年12月24日 04:03
私はホテルは新しければ良いとは思いません。
老舗のホテルが好きです。
クラシックホテルも好きです。

ではホテルは老舗で古ければ良いのか?。
無論一概にそうとも言えません。
古くてもメンテナンスをしっかりしてリニューアル工事をしていれば良し。
ケイシー
2019年12月25日 05:21
  老舗ホテルは私も好きですね。おっしゃるようにただ古いだけではなく、時代の変化に対応していくことも必要です。老舗のお菓子が、一見同じに見えて、時代に対応して少しづつ味を変えているような感じですかね。