マンダリンオリエンタル東京2020 その1(イントロダクション)

 2020年2月、マンダリンオリエンタル東京に宿泊してきました。

 
 コロナ禍前、ラストに宿泊したのがこのホテルです。

 久々の宿泊。前回はなんと2014年でした。間が空いてしまったのは、やはりレートが高いから、クラブラウンジがないこと、そこそこ宿泊していることもありました。

 実は、今回は是非泊まりたいと思っていただけではなく、インターコンチネンタル横浜Pier8が利用できなかった場合の保険代わり。一休を眺めていたら、スタンダードに比べ広く、西側に面しているマンダリングランドルームのプランを見つけ、若干リニューアルしていること、マンダリングランドルームは利用したことはなく泊まりたかったこと、そんなことで予約していました。

 そして、インターコンチネンタル横浜Pier8は予定通り宿泊、なのでキャンセルしておくべきところすっかり忘れていました。そして、予定日前日、一休からの予約確認メールで気づきました!

 唖然、もう一休のサイト上からキャンセルできないので、ホテルに直接電話します。キャンセル期限は過ぎていましたが、低姿勢でお願い、でももうキャンセル不可、キャンセル料がかかるようです。
 しかしながら、当月なら、同料金で変更対応してくれるということで、予約変更ということでことなきをえました。ホテルに感謝です。


 東京メトロ銀座線「三越前」駅ほぼ直結、雨でも地上に出ることなくホテルにアクセスできます。今回は、でもクルマで、強制バレーパーキング(選択できず、スタッフが駐車をを代行してくれるバレーパーキングになってしまうこと、料金高いことが多い、今回は1泊5,000円)でしたね。予め、バレーパーキングということ知った上での利用は今回が初めてでした。

 日本橋三井タワー前の信号を曲がり、一方通行を少し進んだところに、車寄入り口があります。ホテルスタッフじゃない、無愛想なビルの警備のおじさんが立っています。

 エントランス前にクルマをつけると、さすがマンダリン、荷物を預かり車を移動させ、素早くベルが荷物を持ち、誘導してくれます。ここら辺は動きは素晴らしいですね。そのまま、最上階のレセプションに向かいます。


IMG_7751.JPG
 
IMG_7508.JPG
 マンダリンオリエンタル東京、外観です。段差のある上部分がホテルですね。



IMG_7494.JPG
 中央通り側から、ホテルのある三井タワーの低層部を見たところ。




IMG_7495 - 2.JPG
 三井タワー入り口付近です。このころで、マスクをつけている方が半分くらいですね。




IMG_7506.JPG
 中央通より、横に入った一方通行側に車寄せの入り口があります。格子状の天井は、日本家屋をイメージしているのか…



IMG_7514.JPG
 車寄せ・メインエントランスはピロティ状、結構広いですね。こちらは、ほぼ車専用、徒歩で入るようにできていません。これまで、ほぼ東京メトロでアクセスしていたので、こちら側はほぼ初めてでした。



IMG_7515 - 2.JPG
 エントランスです。ベルキャプテンデスクが見えます。



IMG_7606.JPG
 エントランスロビーを横から…改めてみると、壮大かつアートなロビーですね。



IMG_7471.JPG
 コンシェルジュデスク?、バックのアートが幻想的です。




IMG_7476.JPG
 1階、エレベーターホールです。





 すでに、ダイヤモンドプリンセス号の話題のピークが過ぎ、すでに国内で発生したクラスターなどが取り上げられていたこの時期、でも、政府の方針等が出る前だったので、特にコロナ対策はなにもされていませんでしたね。

 次回は、客室の様子を紹介します。

マンダリンオリエンタル東京2020 その2(マンダリングランドキング:ベッドルーム)

マンダリンオリエンタル東京2020 その3(マンダリングランドキング:ミニバー・バスルーム・眺め等)

 マンダリンオリエンタル東京2020 その4(ケシキでの朝食・その他)





ホテル宿泊記地区別一覧







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント