ハイアットリージェンシー横浜 その2(クラブツイン:ベッドルーム)

 ハイアットリージェンシー横浜、今回はチェックインとベッドルームなどを紹介します。(2020年6月利用) 
 チェックインの様子を少し。駐車場の入り口で手指消毒を確かしました。そして、3階にあるクラブラウンジに案内されました。

 レセプションは、スタッフ待機用のハイカウンターがあるだけで、手続きはラウンジ内のテーブルで行いました。宿泊カードにサイン、健康状態チェック表の記入、そして検温と続き、などなかなか厳重でした。
 軽くラウンジを使用しました、その紹介は後日に。

 荷物は先に部屋の届けるようお願いして、ラウンジ利用後に客室に向かったので、客室への案内はあったのかは不明です。

 
 さて客室はどんな感じなんでしょう。38㎡のクラブツイン(一般フロアのスタンダードタイプも同じ広さだと思われます)、数字以上に広く感じます。開放型のクローゼット、扉が開けた状態がデフォルトなバスルームのパウダースペース等のレイアウトもうまいと思います。TVも壁掛けは良くありますが、無駄な家具を置いてないのも広く見える理由でしょう。

 客室インテリア、天井は白、壁は薄いグレー?、TV側と窓側・ベッド側と比べるとグレー系ですが色合いが多少違うようにも見えます。入り口付近はフローリング、バスルーム側はおそらく外国製っぽい高級タイルが敷かれています。ベッドルームはカーペット、ごげちゃ色ベースですが、位置によって微妙に色調を変えるなど凝っています。
 
 ただ、あまりインパクトは感じないかな。高級ホテル泊まり始めたころは、いわゆるハイアットタッチと呼ばれるハイアット系ホテルには衝撃を受けたものでしたが。最近はこんなもんなんでしょうか。
 目を引いたのは、和なヘッドボード、詳細な説明は写真のコメントに記載しています。絵とかオブジェ系もこのボードで済ませている感じで少しさびしいですね。(トイレには絵がありましたが)

 とはいえ、機能的でもあり快適、バスルームはさすがハイアットという出来のよさ、眺めも思っていた以上に良かったのでトータル的には満足でしたがね…




IMG_8623.JPG
 ベッドルーム手前付近より撮影しました。




IMG_8624.JPG
 ダブルが良かったんですが、空きがなくてツインに。





IMG_8627.JPG
 特徴的なのが、この和な屏風風のようなヘッドボードです。(今まで、ベッドのボードという意味でッドボードと呼んでいましたが、インテリア用語的には、ベッドのヘッド(頭)側にあるボードということでヘッドボードと呼ぶのが正しいっぽいので以降はヘッドボードと記載します。ただし、枕を支える等機能的な部分とは別に、ホテルの場合はインテリアの要素が強い部分があるので、そういうう部分は装飾ヘッドボードと呼ぶことにします。)
 しかし、京都とか金沢とか鎌倉とかだと合いそうですが、横浜だとどうなんだろうという感じです。




IMG_8628.JPG
 左側のベッドサイドテーブル、照明スイッチやアナログ時計、ティッシュなどがあります。




IMG_8629.JPG
 コンセントは2口、USBポートは一つでした。





IMG_8630.JPG
 右側のベッドサイドテーブルは小さ目、サイドライトも縦長になっています。こちらはコンセント1口、USBポート一つでした。そういえば、Bluetoothスピーカーはありませんでした。




IMG_8633.JPG
 デスクです。ここ最近のホテルではデスクは廃止され多機能テーブル?に集約されていますが、ココでは少なくとも見た目はデスクっぽいものが残されています。鏡があるのでドレッサー機能もあるようです。しかし、デスクライトがなく、暗いです…
後、デスク周辺にはコンセントがなかったですね。


IMG_8632.JPG
 窓側にあるデイベッド風ソファーです。このソファー自体は悪くはないのですが、クッションがある側に背を置くと、TVとは反対方向、後日紹介しますが、窓からの眺めの海とも反対方向で微妙でした。



IMG_8636.JPG
 TV方向です。


IMG_8637.JPG
 TVは東芝製45~50インチ、4K対応でした。WOWOW視聴可、ネットフリックス等のボタンがリモコンにあったので、視聴可能だと思います。



IMG_8639.JPG
 最新のホテルなので、逆にDVDプレイヤー等は置いていません。こちらはリクエストしたブルーレイプレイヤーです。しかし下の台は、どうみても窓際のソファーの横にあるはずのコーヒーテーブルでは?



IMG_8640 - 2.JPG
 お茶コーナーです。




IMG_8641.JPG
 天板上には、UCCのコーヒーマシーンと無料のミネラルウォーターが2本ありました。このUCCのマシーンは私にとって微妙な印象、お洒落度は低いし(失礼)、イリーあたりにすればよいのに…



IMG_8643.JPG
 引き出しには、タンブラー、ワイングラス、ロックグラス、3種6ヶのグラスがありました。



IMG_8644.JPG
 次の引き出しには、コーヒーカップがありました。右側の箱の中には…



IMG_8645.JPG
 箱の中には、コーヒーカプセルが3種6個、紅茶とカモミールティーのティーバッグなどがありました。緑茶はなかったですね。


IMG_8646.JPG
 下段には、ケトル型の電気ポットとアイスペールがありました。



IMG_8642.JPG
 ドアがガラスで中身が見える冷蔵庫でした。ただ、コロナ対策か、中身は空です。要望があれば補充するとのことです。利用するしないのにお願いするのは気が引けたのでお願いしませんでしたが、冷蔵庫の中身はインテリアの一部だと思っているので、中身は入れておいて欲しいところです。
 どのようなものをセレクションしているのか、料金からホテルの考えや傾向がわかるというのもあります。



 次回は、バスルーム・眺めを紹介します。


 ハイアットリージェンシー横浜 その3(クラブツイン:バスルーム・眺め)

 ハイアットリージェンシー横浜 その1(イントロダクション)に戻る


 ★ホテル宿泊記地区別一覧








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント