セントレジスホテル大阪2020 その3(セントレジスバー、ラ・ベデュータでの朝食、ルームサービス、その他)

 セントレジスホテル大阪、今回はセントレジスバーの様子やラ・ベデュータでの朝食、ルームサービスでの軽食などを紹介します。(2020年11月利用)

 


  さて、この当時はGo To トラベル適用時、その1でのチェックイン時でも触れましたが、共通地域クーポンがセントレジス大阪では部屋付での利用が出来ないとのことでした。したがって、部屋付になるルームサービスやミニバーの利用は不可、あとはレストラン・バーかエステを利用するしかありません。だったら、ホテル以外で利用すればというのもあるのですが、一休を通じての手配ですと、紙ではなく電子クーポンになります。コレが、使えるところが実に少ない(哀)。

 そうすると一人だとレストランは行きにくいし、バーでクーポン消化ということになります。
会計時、共通地域クーポン利用を申し出て、前日の京都で無理だったので2次元バーコードを読み取るのはもう無理と判断し、コードを手入力します。なんせ、メニュー読むのもきつい暗さ、そのためか誤入力してしまいました。確認画面がなく、すぐ完結してしまいます。「えー?」

 対応をスタッフに確認すると、「お客様が、問い合わせセンター(Go Toトラベルの事務局?)に確認してもらえますか。こちらでは処理できません。でも、大丈夫ですよ!」「…」関西の気のいいおねえちゃんいった感じの女性スタッフは楽観的でしたが、多分もう使えないだろうというのが、ケイシーの見込みでした。(結果その通りで、スタッフの言っていることも間違えでした。)

 翌日、つながらないと思った、問い合わせセンター(正式名称は違うかも)に電話すると、なんと一発で通じました。ただ回答はすぐ出てこず、折り返しの連絡となりました。結果は事業者が対応(この場合はホテル)することになるとのことでした。今さら、手続きも面倒だし、自分のミスだし、帰ってきても電子クーポンだとまた使い先を探すのが面倒なので、あきらめることにしましたね。
 まあ、ホテルの対応もちょっと?でしたが、電子クーポンへの疑問が出てきましたね。(その後、12月に一休は紙クーポンに変更になりましたが…)



 

IMG_3416.JPG
 12階にある、セントレジスバー入り口付近です。



IMG_3412.JPG
 セントレジスバー、カウンター付近です。コロナ対応のためか、カウンター席は未使用?バックバーには大阪の風景が蒔絵風に描かれています。


IMG_3413.JPG

IMG_3414.JPG
 バー内の様子です。



IMG_3410.JPG
 天井です。フロア全体がそうですがかなり高く、また間接照明のためかなりムーディーな雰囲気でした。


IMG_3406.JPG

IMG_3415.JPG
 大体ビールは1,000円位(税別、サ15%別)、カクテルが2000円(同)前後でした。1杯目はジントニック(1枚目写真右上)、ミックスナッツが軽くローストされていておいしかったです。2杯目(2枚目写真)は、悩んだのですがココのシグネチャーカクテルであるショーグンメアリー(ブラッディメアリーのローカルアレンジ)を注文、以前頼んだことがあったのにまた頼んでしまいました。ちょっと、失敗。和風テイスト(ワサビとかゆず等)が強すぎました。
 今回は一休からの予約、ダイヤモンド特典で飲食15%引きがあったのですが、アルコールは対象外でした。が、マリオットの平会員でも10%引き(上級会員ならもっと?)とのことでで、割引を受けましたね。ただ、地域共通クーポン差引後の差額、数百円に対しての10%引きなので、割引額はわずかなものでしたが…






IMG_3436 - 2.JPG

IMG_3438.JPG
 変わってこちらはルームサービスのクラブサンドイッチです。ホテルクレジットもあったので、ホテルぽいちょっと高級なものとも思ったのですが、前回はあったラ・ベデュータ提供と思われるものはなく、軽食(サンドイッチとかカレー等)しかありませんでした。大体、ハンバーガーを頼むことが多いのですが、今回は珍しくクラブサンドイッチにしました。ミニサラダ・フレンチフライもついて、美味しくて、ボリュームもありましたね。





IMG_3443.JPG
 バトラーサービスでの、モーニングティーです。チェックイン後も、冷たい飲み物を飲んだ記憶があるのですが、撮影わすれた模様。朝のバトラーの対応が酷く、ドアを開けるともごもごとあいさつ、普通なら「入ってよろしいですか」と確認があると思いますが、スーと中に入りテーブルに置き出てきました。バトラーだから、勝手にはいって当たり前なんでしょうということか…





IMG_3444.JPG
 朝食会場、12階にあるイタリアンの「ラ・ベデュータ」入り口付近です。



IMG_3463.JPG
 店内の様子です。



IMG_3446 - 2.JPG

IMG_3450.JPG

IMG_3448.JPG

IMG_3449.JPG
 メニューです。セントレジスニューヨーク ブレックファストエクスペリエンスと銘打った和洋折衷選べる朝食といったところですか。
 スターターは和洋共通、ブリオッシュとクロワッサン、ヨーグルト、フルーツ、コールドカットなどでした。そのあとは、和朝食セット、もしくは洋の卵料理と付け合せになります。ケイシーは和食にしました。
 正直、和食の場合スターターにブリオッシュは不要、ヨーグルトやフルーツは食後に食べたい派なので、順番も疑問、ブッフェが出来ないので工夫は分るのですが、空回りな感じがしました。




IMG_3451.JPG
 第1プレートはこんな感じです。




IMG_3458.JPG

IMG_3460.JPG
 和食セットはこんな感じでした。和食はごく普通な感じでした。



IMG_3462.JPG
 シェフからのサービス、テーブルを回ってきたバケットサンドです。これは美味しかったです。



IMG_3464.JPG
 メニューではサプリメントと記載されている、もう1品追加サービスの中からパンケーキを選びました。



IMG_3465.JPG
 コーヒーです。



IMG_3476.JPG
 こちらは1階の外です。左側がエントランスロビーに通じるもう一つの出入り口、右がビストロ「ル・ドール」です。

IMG_3477.JPG

IMG_3479.JPG

IMG_3478.JPG
 1階にある「ル・ドール」は、路面店であるため周辺のオフィス勤務者を対象にしているのか、割合手ごろな価格帯のブーランジェリーも併設しているようですね。



 コロナ禍の中、初めてのステイケーションプラン、滞在時間が長いものとなりました。地域共通クーポンが部屋付に出来ない、またミスった時の対応、バトラー等には?がありましたが、ビューバスの部屋は良く、また1階のスタッフがみな親切丁寧な対応で良かったです。
 チェックアウト時、雨、ル・ドール側出口を出れば、雨に濡れなくて駅に向かえるのを知っていましたが、ちょっと遠回り、初老のベルマンがスタッフ用?に抜け道を案内してくれて、助かりました。










 セントレジスホテル大阪2020 その1(イントロダクション)へ戻る

セントレジスホテル大阪2020 その2(グランドデラックスプルミエツイン・ビューバス:客室)へ戻る




ホテル宿泊記地区別一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント