横浜ロイヤルパークホテル2020 その2(スカイリゾート アトリエコンフォートツイン・ベイブリッジュー:客室)

 横浜ロイヤルパークホテル、今回は客室の紹介となります(2020年12月利用)

 横浜のランドマークタワーの高層部を占める横浜ロイヤルパークホテル、フロアごとにレギュラーフロア等の設定があり、ほぼ高層になるほどラグジュアリー度が高まっています。52階~59階までがレギュラーフロア、60階~67階までがスカイリゾートフロアとなっており、スカイリゾートフロアも60階~64階が「アトリエ」65階~66階が「クラブ」、67階が「トップ」と別れております。トップは客室としては最上階のラグジュアリーフロア、クラブはいわゆるクラブフロア、今回利用したアトリエは、窓側にカウンターがあるのが特徴の眺め優先のフロアでしたね。

 ケイシーは、最上階もクラブフロアも、かなり前になりますが利用したことがあります。最上階は確かに絶景ですがお高い、クラブフロアはラウンジが陸側の向きで、かつフードプレゼンテーションが貧弱、ドリンクもワインが飲み放題ですが、その他のアルコールはチケット制で一人2杯まで?と制限されていていまいちだったので(今は変わっているかもしれません)利用する気が起こりませんでした。

 2年前?アトリエデラックスダブルを利用した時、広くて眺めも良くて(ベイビュー)、今回も利用するときも同タイプを予約するつもりでしたが、直前予約のためか空室なし、ダブルもなし、ならばやむを得ないとコンフォートツインを予約しました。Go To トラベル利用朝食付きで2万円台前半、それに地域共通クーポンが付きます。
 地域共通クーポンについては、部屋代が前払いなので部屋付が出来ず、レストラン等その都度利用が必要かと思われます。たしか駐車代も不可だったはずです。


 コンフォートツインは、37㎡の広さでです。同ランクのコンフォートダブルが28㎡対し、広めの造りになっていますね。ただ、コーナールームが隣接しているためか少し変形なレイアウトになっていて、廊下側が広く、窓にむかって狭くなっているようでした。
 インテリアは、白を基調としたもの、基本はシンプル、悪くはないのですが個人的にはもうひとひねり欲しかったところです。
 




IMG_4469.JPG
 廊下の壺です。スカイリゾートフロアですが、エレベーターホールや廊下などパブリックな部分は昔ながらの感じです。


IMG_4471.JPG
 客室ドア前です。


IMG_4742.JPG

IMG_4741.JPG
 入ると、ちょっとしたホワイエがあり、モダンアートな絵画が飾られています。1枚目写真の左側が入り口になります



IMG_4474.JPG
 ベッドルーム入ったところです。



IMG_4476.JPG

IMG_4477.JPG
 ツインベッドはシングルサイズ、クッション、ベッドスロー、ナイトウェアがベッド上にあります。



IMG_4479 - 2.JPG
 ベッドサイドにはタブレットがあります。照明、エアコン、カーテンはタブレットで操作できます。インターネットには接続できなかったかな?
 台のところの、らせん状?の模様がアクセントになっていますね。



IMG_4481.JPG
 読書灯、照明スイッチ、コンセント、USBポート等があります。



IMG_4485.JPG

IMG_4486.JPG
 スカイリゾートフロア「アトリエ」の特徴、窓側のカウンターです。



IMG_4487.JPG
 ネスプレッソマシーンがあります。コーヒーのカプセルは4個でした。電気ケトルもここに。



IMG_4489.JPG
 TV方向です。Bluetoothスピーカーはなかったのですが、BluetoothボタンがあったのでTVを通じて利用できるかもしれません。



IMG_4499.JPG
 TVの右側にある、ミニバー上段各種グラス、カップ等です。ネスプレッソ専用カップ、タンブラー、ワイングラスが各4と多めです。日本茶用湯呑み2でした。無料のミネラルウォーターが2本でした。



IMG_4718.JPG
 無料のティーバッグ等です。煎茶、ほうじ茶で紅茶はなかったです。



IMG_4502.JPG
 冷蔵庫です。缶ビールは660円、ソフトドリンク432円でした。




IMG_4493.JPG
 TVの左側にある棚は空でした。中段にティッシュがあります。


IMG_4504.JPG
 バスルームです。リノベーションはされているようですが、デザインのテイストが少し一昔っぽいです。使用済みのタオルを入れるかごがあるのは良いのですが、トイレットペーパーの位置が悪い?体をよじって取るようになります…



IMG_4505.JPG
 タオルなんですが、いわゆるシティホテル以上に通常あるはずのハンドタオルがなかったです。その代り?ボディタオルがありました。どちらか1種ならハンドタオルでは?特別フロアなんだし、ボディータオルとハンドタオル両方あっていいのかな。その他はフェイスタオル2、バスタオル2、バスマット1です。

IMG_4507.JPG
 各種アメニティが入っているボックスです。


IMG_4508.JPG
 バスアメニティはロクシタンでした。シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションが2セットありました。



IMG_4510.JPG

IMG_4512.JPG
 バスタブは標準的です。問題はシャワーが2点固定式で角度が変えられない、そしてその角度が水平に近くてものすごい使いづらかったです。ビジネスホテルではよくあるんですけどね…



IMG_4514.JPG
 クローゼットです。上段にバスローブがたたまれて置かれています。



IMG_4484.JPG
 窓側から部屋全体を撮影、壁にかかってる絵も現代的というかイラストっぽいものです。全面鏡のところはクローゼット、その右横(絵の裏側)がホワイエになります。



IMG_4518.JPG
 フロア図です。正方形、長方形ではなくて、角の部分が角のように伸びているのがこのホテルの特徴です。コンフォートルームは平面のところにあるので、視野が狭いのが難点です。




IMG_4521.JPG
 62階からの眺めです。客室ほぼ正面方向になります。二つあるベイブリッジビューの眺めのうち、横浜スタジアムや大桟橋などがある、南東・山下公園側になります。


IMG_4528.JPG
 正面左寄り、黒くて高いビルが、オークウッドスイーツ横浜が上層階にあるザ・タワー横浜北仲で、右側の白いビルがコロナ禍の中こっそり引越しした横浜新市庁舎になります。移転を決定した方は落選しましたね。
 


IMG_4522.JPG
 右手を見ると、隣の客室の窓が見えてしまいます。


IMG_4530.JPG
 右手下にはJR桜木町駅が見えます。




IMG_4526.JPG
 左手を見ると、ワールドポーターズなどのショッピング施設が見えます。


IMG_4525.JPG
 なんと、観覧車が3分の1くらいしか見えません。





IMG_4541.JPG
 夜景です。とにかくきれいでした。金曜でオフィスビルの明かりも明るく、きれい。観覧車がよく見えないのは残念でしたが、そんなことを忘れる美しさでした。




 眺めは良く、ベッドルームは割合よかったのですが、バスルーム関係に課題が集中している感じがします。ロクシタンのバスアメニティがあり、バスローブもあるのにハンドタオルがないとはね。あといろいろと使いずらい点があることが残念でした。




 次回は、バー「ロイヤルアスコット」の様子、「四季亭」での朝食、その他を紹介します。



 横浜ロイヤルパークホテル2020 その1(イントロダクション)に戻る


ホテル宿泊記地区別一覧



















 
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント