シャングリ・ラ東京2021 その3(デラックスキング:バスルーム・眺め)

 シャングリ・ラ東京、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2021年4月利用)

 バスルームは洗い場付き、前回利用時はレインシャワーの穴の精度がいまいちで、湯が拡散していましたが、今回は大丈夫でしたね。ただ、ハンドシャワーの高さを調節するとき閉めたりゆるめたりするハンドル?が異常に硬かったです。とはいえ、バスピローなどもあり、ラグジュアリーに過ごせます。

 眺めは、八重洲側で特にランドマークなものはありませんでした。窓に顔をくっつけると、スカイツリーが見えるくらいですか。ただ、そんなに悪いという感じもありませんでした。

 こちらの眺めは、開業当初はベイビューとして高く?販売していたと思いますが、東京駅丸の内駅舎が復活すると、そちら側をインペリアルガーデンビュー(どう見ても皇居は遠い)として高く売って、こちらはだたのデラックスルームになっています。





IMG_6740.JPG
 バスルーム入ったあたり、パウダースペースです。バスマットは、ターンダウン済みだったので予め敷かれてました。




IMG_6742.JPG

IMG_6744.JPG

IMG_6745.JPG
 引き出しには紙製の箱に入った、アメニティグッズがあります。タオルはハンド3、フェイス3、バスタオル4でした。


IMG_6747.JPG

IMG_6749.JPG
 ケイシーはドライヤーを省略しがちでしたが(あるいは袋だったり)、最近は出来るだけ乗せるようにしています。そういいつつ、メーカー名の確認などちゃんとしていなかったです。ダイソンやパナソニック製でないのは確かですが…重くて、重心がとりずらかったような…



IMG_6750.JPG

IMG_6751.JPG
 表面がタオル地(スツール代わりになる?)使用済みがタオル入れがあるのは良いことです。



IMG_6752.JPG
 洗い場付きバスルームです。ベッドルームがよく見えます。



IMG_6753.JPG

IMG_6762.JPG
 今回の客室のレインシャワーは湯が拡散せず、合格でした。


IMG_6754.JPG
 バスアメニティはロクシタンのジャスミンシリーズでした。



IMG_6755.JPG
 バスタブです。バスピロー付で快適です。バスソルトなどもありました。欲を言えば、オーバーフロー防止栓がなければ(湯をいっぱいに貼れれば)もっとよかったですが。



IMG_6765.JPG
 トイレです。



IMG_6767.JPG
 クローゼットです。バスローブ、アイロン&アイロン台、ヨガマットもあるみたいですね。スリっパはターンダウン済みだったのでベッド側に置かれてました。



IMG_6771.JPG
 入り口付近にちょっとしたホワイエがあります。



IMG_6773.JPG
 フロア図です。
 下が、今回のの客室の向き、八重洲側です。上側が線路側、丸の内ビューですね。


IMG_6774.JPG
 窓方向です。



IMG_6775.JPG
 正面の眺めです。目に入っている高層ビルは中央通り沿いの新し目のビル。



IMG_6776.JPG
 
 IMG_6777.JPG
 左手を見ると、スカイツリーが何とか見えます。



IMG_6778.JPG
 右手を見ても特に何もないですね。


IMG_6780.JPG
 下を見るとこんな感じです。



 次回は、ザ・ロビーラウンジや朝食の様子を紹介します。



シャングリ・ラ東京2021 その2(デラックスキング:ベッドルーム)に戻る


 
ホテル宿泊記地区別一覧






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント