東京ステーションホテル その3(パレスサイドデラックスツイン:バスルーム・眺め)

 東京ステーションホテル、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2021年8月利用)


 バスルームは洗い場付、バスタブも大きめでオーバーフロー防止栓もなく快適でした。

 眺めはこのホテルでは、まともというかよい方のパレスサイドでした。高層からの眺めでもなく、鉄道ビューでもないので満足ではないのですが、まあしょうがないかな。低層なので下を歩く人が結構気になることもあります。
 



IMG_0400.JPG
 バスルームドアを開けたところです。


IMG_0403.JPG
 タオル類はハンド2、フェイス2、バスタオル2、バスマット1でした。ターンダウンサービスもないので、このクラスのホテルにしては少な目感じがします。バスタオルは3枚はおいてほしいですね。



IMG_0402.JPG
 上段にはバスアメニティ、HIST OIRES de PARFUSなるオリジナルブランドでシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションがありました。写真を撮り漏らしましたが、裏のラベルが硬券入鋏済みのように見えるデザインになっているのがステーションホテルらしくよかったです。下のトレイに歯ブラシ等のアメニティグッズ+もう1個のボディーローションがありました。



IMG_0408.JPG
 下を見ると、右側に使用済みのタオルの入れるかごがあります。中央の黒い木の箱は?



IMG_0409.JPG
 パナソニック製のドライヤーが入っていました。



IMG_0410.JPG
 洗い場付のウェットエリアです。


IMG_0416.JPG
 レインシャワーです。



IMG_0414.JPG
 ハンドシャワーです。プラスティック製の腰掛もあります。



IMG_0415.JPG
 ウェットエリアにもボディローションを除く、バスアメニティ一式がもう1セットありました。


IMG_0411.JPG

IMG_0450.JPG
 バスタブです。幅広め、長さも長めで深さは普通位でした。オーバーフロー防止栓が無いので、一杯に湯が張れます。



IMG_0446.JPG
 バスローブはドアの両側にかけられていました。



IMG_0417.JPG

IMG_0418.JPG
 トイレはバスルーム内、半透明ドアの向こうにありました。自動開閉式。飾っている絵がヨーロッパの街角を描いた絵?写真?で、なかなか良かったです。



IMG_0420.JPG

IMG_0421.JPG

IMG_0437.JPG
 クローゼットです。アイロン&アイロン台、スリッパなど。靴べらが長くて、高級な感じのものでした。



IMG_0424.JPG
 ドア方向です。



IMG_0425.JPG
 フロア図です。細長いホテルのですので、一部を抜粋しているようになっています。下側が駅前広場、上が線路側になります。



IMG_0427.JPG
 窓方向です。天井が高いのでカーテンも長い!ドヌープ、レースともに手動です。





IMG_0571.JPG
 正面の眺めです。パレスビューですと中央寄りとなり、行幸通りを見通せるかと思われます。


IMG_0572.JPG
 右手側。正面奥に丸ビル、手前が丸の内北側タクシー乗り場といったところです。




IMG_0562.JPG
 
IMG_0563.JPG
 夜景です。


IMG_0565.JPG
 右手側です。





 次回は、朝食の様子を紹介します。


 東京ステーションホテル その4(アトリウムでの朝食)

 東京ステーションホテル その2(パレスサイドデラックスツイン:ベッドルーム)に戻る


ホテル宿泊記地区別一覧


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント