東京ステーションホテル その4(アトリウムでの朝食)

 東京ステーションホテル、今回はゲストラウンジ アトリウムでの朝食を紹介します。(2021年8月利用) 今回は朝食が付いていないプラン、ロビーラウンジでもセットメニューの提供があるようですが、まずは評判が高い、アトリウムでのブッフェでしょう、と宿泊者専用の4階にあるゲストラウンジ アトリウムに向かいます。

 営業時間は6:30~11:00(L.O.10:30)とさすがステーションホテル6時半からの営業となっており、コロナ禍の現在でも6時半開始でした。

 天井が高いこのホテルの中でも最上階、さらに天井が高いので解放感が半端なかったですね。ライブラリーコーナーも併設されており、それを見るのも楽しかったです。

 本来はこうでなかったのでしょうが、コロナ対策で小分けされふたがついてものがブッフェ台に並んでいました。なので、写真を見てもわかりにくいかもしれません。料理名が表示されているので、わかる限りコメントを入れています。

 さすがの評判のブッフェ、説明しきれないほど料理が並んでいます。ただ、朝食の典型なものが並んでいるというより、このホテルを利用する年齢層や幅広い層に合わせた様々なものが並んでいる感じです。おそらくコロナ禍で外国人利用客もほとんどいないでしょうから相当日本人向けにカスタマイズされいる感じもしますね。
 そのため、朝食よくあるグリル系のソーセージ等もカットされて小皿に入っていたようで(後で気づきました)、シリアルは2種、ヨーグルトの種類も少なめ?、全体の種類は多いのですがそのあたりは物足りない感じもしました。
 そのような部分もありますが、都内ホテルでもトップクラスであることは確かでしょう。









IMG_0660.JPG
 さて、アトリウムでの朝食です。


IMG_0592.JPG
 アトリウム、全体の雰囲気はこんな感じです。


IMG_0579.JPG

IMG_0580.JPG

IMG_0581.JPG

IMG_0583.JPG
 アトリウム、店内の様子です。


 IMG_0585.JPG

IMG_0591.JPG

IMG_0586.JPG

IMG_0587.JPG

IMG_0590.JPG
ライブラリーコーナーの様子です。こちらにもダイニングテーブル、ソファー席があり、朝食をとることができます。



IMG_0588.JPG
 SLHのロゴ入りのバッグが飾られています。




IMG_0589.JPG
 ホテルの模型も…


IMG_0597.JPG
 さて、ブッフェ台・壁側右手より紹介します。この辺りはパンのコーナー、紙袋入りで何が何だかわからないですね。クロワッサン、食事パンなどは分かりました。コロナ対策のためか、台の上に出ているの最大3個に抑えているかと思われます。



IMG_0598.JPG

IMG_0601.JPG
 クラブラウンジのカクテルタイム、オードブルみたいにひと口大に小分けされたもの、この辺りは洋食系が並んでいます。コロナ対策で透明ケースがのっかていて中身が分かりにくいですね。


IMG_0599.JPG
 プチトマトなどサラダのトッピング系だったかな。



IMG_0600.JPG
 フレッシュサラダなど。このサラダは容器が大きめでした。



IMG_0602.JPG
 穴子の南蛮漬け、焼きフグのマリネ、魚介のリエットなど。



IMG_0603.JPG
 和牛赤ワイン煮込みなど。



IMG_0604.JPG
 アジの香菜パン粉焼き、エビチリ、カレー、ライスコロッケ、牛肉のポテトグラタン、シーフードドリア、シェルマカロニポロゼーネ風、ソーセージ・ベーコン盛合せなど。



IMG_0609.JPG
 和風系のホットミール各種。本日のうどん、担担うどん、茶わん蒸し、鯖みりん干、さつまあげあろしあえ、鮭醤油焼きなど。



IMG_0614.JPG
 和食の惣菜系各種。




IMG_0621.JPG
 なめこおろしぞば、鮪の漬丼など。



IMG_0616.JPG
 焼のりなど。




IMG_0617.JPG
 漬物など



IMG_0618.JPG
 上段にやまかけ、明太子、しらすおろしなど。下段にべったらづけ、小松菜のおひたしなど。



IMG_0619.JPG
 上段にゆでたまご、冷しトマト、下段にだしまき卵、野菜の胡麻和えなど。




IMG_0622.JPG

IMG_0625.JPG
 おすすめホットミール3種、ドリア、シェフのおすすめワンプレート、本日の魚料理。





IMG_0626 - 2.JPG
 エッグステーションというかホットミールステーション、シェフたちがたっています。本日のスープはオニオンスープでした。これは確かにホテルの味でした。味噌汁が本日は鴨汁でした。野菜もたっぷりでヘルシーでしたね。



IMG_0627 - 2.JPG
 ご飯、両国風すきなべなど。ご飯、味噌汁、スープ等はシェフに頼んでよそってもらいます。




IMG_0628.JPG
 シェフに直接オーダーするシェフオリジナルのメニューです。①本ズワイガニとのりのオムレツ、②トリュフ入りオムレツゲランド海塩添え、③エッグベネディクト(生ハム・グリエールソース)、④高知産しらすバタートースト、⑤フルーツグラチネでした。グラチネって何?で、ネットで知らべてみると、オーブンなどで焼き色を付ける料理のようでした。
 人気は、しらすバタートーストでしたが、ケイシーはトリュフ入りオムレツにしました。


IMG_0645.JPG
 デザート系はこちらライブラリーとの境のあたりにありました。こちらは下段右ヨーグルト&ミューズリー、左がマンゴーとフランポワーズ、はちみつなど上段にコーンフレークとフルーツグラノーラです。



IMG_0646.JPG
ガトーショコラ、チーズケーキ、ココナッツブラマンジェ、チョコレートムースがありました。



IMG_0647.JPG
 ごま団子がありました。



IMG_0648.JPG
 メロンショートケーキです。



IMG_0649.JPG
 フルーツはカットフルーツの盛合せのみ1種でした。


IMG_0650 - 2.JPG
 本日のシャーベットはスタッフにお願いすることになります。後ほど…




IMG_0629.JPG
 入り口近くのドリンクコーナーです。写真にはありませんが、コーヒー・紅茶はテーブルでスタッフにお願いすることになります。




IMG_0578.JPG
 はじめのテーブルセッティングです。




IMG_0644.JPG
 外国の新聞?をデザインした、おしゃれなマスクケースです。



IMG_0632.JPG

IMG_0633.JPG

IMG_0634.JPG
 で、とったものはこんな感じです。シェフオリジナルはトリュフ入りオムレツゲランド塩添えにしました。トリュフは中に入っているのでなく、上に薄く乗っているもののようです。中身はプレーンでした。オムレツはプレーン派なケイシーにとっては乗ってる方が良いですね。オムレツはさすがホテルというレベル、おいしかったです。




IMG_0631.JPG
 パンは袋に入っており、出せばよかったですね…



IMG_0637.JPG
 和食へ移行。




IMG_0651.JPG

IMG_0652.JPG
 ちなみにテーブル上には、ドリンクメニューが置いてあり、温かい飲み物は基本スタッフにオーダーします。前述のドリンクコーナーに直接行っても対応してくれると思います。
 メニューの下の方には季節のおすすめメニューなる記載がありましたが、追加料金が必要だしこれだけブッフェが豊富だと頼む必要性がなかったのですが、スタッフの女性がケイシーならいくらでも食べれそうだ、おひとり様なので奥さん等からの邪魔も入らないと、狙いをつけられたのか、しきりに勧めてきます。鮑入りリゾットで、ホテルスタッフが進めてくるものには、何かがる!と通常受けるのですが、先日のFS丸の内東京での朝食、アボガドトーストの悪夢から立ち直れないケイシーであったので躊躇しました。でも、ここは受けてみることにしました。



IMG_0642.JPG
 これがその鮑入りリゾットです。中にコーンが入っており、その食感が軽やかで夏を感じおいしかったです。ランチメニューで単品で出してもシニア層や女性に受けそうな感じがします。ただ、朝食ブッフェであえて追加する必要があるかといわれると…税サ込で1,800円でした。




IMG_0655.JPG
 デザート系はこんな感じでとりました。メロンショートケーキだったかな。



IMG_0657.JPG
 リゾットを進めてきた、女性スタッフが是非と持ってきてくれたシャーベットです。



 次回は、東京ステーションホテル館内の様子を紹介します。



 東京ステーションホテル その5(その他パブリックスペース)

 東京ステーションホテル その3(パレスサイドデラックスツイン:バスルーム・眺め)に戻る


ホテル宿泊記地区別一覧

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント