テーマ:ザ・リッツカールトン東京

探偵バクモン、世界最高峰のおもてなしホテル

  先日10月26日、NHKにて、放送された「探偵バクモン」。録画しておいたのですが、なかなか見ることができず、今日やっと見ました。  爆笑問題が普段見られない、入れない場所に行き探る番組、今回はザ・リッツカールトン東京がその現場になります。  いつもはサヘルが進行するのですが、代りにのど自慢の司会のNHKアナウンサーが進行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京2016 その5(クラブラウンジ:ナイトキャップ・朝食・軽食)

 リッツ東京、今回はクラブラウンジ、ナイトキャップ以降の紹介をします。(2016年月利用)  さて、クラブラウンジのいわゆるカクテルタイムのイブニングオードブルが終わった20時以降は、ホテルの案内でスイーツ&コーディアルと呼ぶいわゆるナイトキャップ、朝食、ミッドデイスナックとも呼ぶお昼の軽食のサービスが続きます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京2016 その4(クラブラウンジ:ティータイム・カクテルタイム)

リッツ東京、今回はクラブラウンジの紹介をします。(2016年2月利用)  リッツカールトン東京のクラブラウンジは、ホテル最上階53階にあります。 2015年9月にクラブラウンジがリニューアルされました。今回の滞在の目的はそのクラブラウンジを利用することでもあります。  ホテルの公式サイトによると、クラブエグゼクティブス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京2016 その3(クラブデラックスキング:バスルーム・眺め)

ザ・リッツカールトン東京、今回はバスルームや眺めを紹介します。(2016年2月利用)  さて、ベッドルームは一部リニューアルしておりましたが、バスルームはどうだったでしょうか。 基本的には、ほとんどいじられていないと思われます。  バスルーム入ったあたり、ダブルシンクで各洗面台ごとにハンドが2×2で計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京2016 その2(クラブデラックスキング:ベッドルーム)

 さて、リッツカールトン東京、クラブデラックスキングのベッドルームを今回紹介します。(2016年2月利用)  クラブラウンジでけではなく、客室もリニューアルをしているようです。開業して、10年ほど経っているので、てこ入れでしょうか。。  開業後、初めてリッツ東京を利用した時は、モダンでも、和モダンでもない、オーソドックスなイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京2016 その1(イントロダクション)

2016年2月、ザ・リッツカールトン東京に宿泊しました。    最近、エアラインラウンジの記事が中心になってしまいましたので、ここら辺でホテル宿泊記も始めたいと思います。といっても、上海編を終わらせてからになりますので、ホテル宿泊記本編は8月になってしまいますかね…  さて、リッツカールトン東京です。2015年にクラブフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その6(クラブラウンジ)

ザ・リッツカールトン東京、今回はクラブラウンジの紹介です。  クラブラウンジは最上階、53階にあります。利用するのは、久しぶりでした。以前利用した時の印象がよくなかったですね。飲食がよくないとかじゃなく、全体の雰囲気が、という感じでした。  さて、売りのフードプレゼンテーションは1日5回あり、次の通りです。  ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その5(クラブDXキング:眺め・ターンダウン)

今回はザ・リッツカールトン東京の眺めやターンダウンの様子を紹介します。(2015年1月利用)  今回は、予約時に西側、それだけでは心配だったので、富士山の見える側と特記し希望しておきました。方向でいえば、アバウト南西側になるんですかね。  希望通り、富士山も見え、満足しました。空気の澄んだ冬の夜景は恐ろしいほどきれいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その4(クラブDXキング:バスルーム)

 ザ・リッツカールトン東京、今回はバスルームの紹介をします。(2015年1月利用)  バスルームは窓等はない、閉じられたタイプですが、広々としています。 ダブルシンク、バスアメニティは、イギリスのアスプレイでした。 快適なバスタイムを過ごせましたね。   バスルームです。ダブルシンクになっています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その3(ミニバー・クローゼット)

 ザ・リッツカールトン東京、今回はミニバー周りやクローゼットを紹介します。(2015年1月利用)  ミニバーはベッドルーム内というより、客室内廊下側にあります。  上には、電気ポット、エスプレッソマシーン、洋風な湯呑み&急須、無料のミネラルウォーターなどが置いてあります。右側の黒い箱の中にエス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その2(クラブDXキング:ベッドルーム)

 ザ・リッツカールトン東京、今回はベッドルームを紹介します。(2015年1月利用)  さて、クラブデラックスキングの客室です。  初めて利用した時は、割合とオーソドックスなインテリアに物足りない感じがしていました。今回利用してみると、高級感あふれる客室、メインテナンスが完璧で、五つ星ホテルの空気感を感じられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その1(イントロダクション)

2015年1月、ザ・リッツカールトン東京に宿泊してきました。  作成が遅れ、季節が真逆になってしまいましたね。  夜景や富士山がきれいに見える冬に、東京の高層ホテルに泊まりたいな、とずっと思っていました。ただ、実際に泊まったのは、ハイアットリージェンシー東京やホテル椿山荘東京であり、不満がたまっていましたね。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・ベストホテル、ザ・リッツカールトン東京(BS-TBS)

 本日(3月16日)、23時から放送された、BS-TBS「ザ・ベストホテル」でリッツカールトンン東京が紹介されていました。    リッツカールトングループは現在88のホテル、今後30以上のホテル開業を目指しているとのことです。  まず、東京ミッドタウンマネジメントの社長が、なぜ、リッツカールトンを誘致したのかと説明。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その5(クラブラウンジ・朝食等)

 ザ・リッツカールトン東京、クラブラウンジの紹介、後半です。  朝食時には、以前にはなかったエッグステーションが設けられており、レストランと同様に出来たての卵料理がだべられます。チェックアウト、目いっぱい滞在し、昼食もいただきました。  5回のフードプレゼンテーションは質・量ともレベルが高かったです。アフタヌーン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その4(クラブラウンジ・イブニングオードブルなど)

間が空いてしまいましたが、ザ・リッツカールトン東京の紹介を続けます。今回はクラブラウンジ、前編です。  クラブラウンジは53階にあり、向きはほぼ南西です。ラウンジは広くを全体を見渡せます。 営業時間は7時から22時までで、チェックイン・チェックアウト、コンシェルジュ業務、フードプレゼンテーションを行っています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その3(クラブキング・バスルーム等)

さて、リッツカールトン東京クラブキングルーム、バスルーム、眺めの紹介です。  リッツカールトン東京のバスルームは最近多い、ガラス越しにベッドルームや外が見えるタイプではなく、閉じられた空間となっていました。広さは十分、雰囲気も悪くはありません。    バスルームです。左手にバスタブ、右…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その2(クラブキング・ベッドルーム)

 さて、リッツカールトン東京、クラブキングルームの紹介です。  いわゆるこのホテルでは一般的なデラックスルームになりますね。  初めて利用した時はオーソドックスなインテリアに不満を持ったりしていましたが、今回利用してみると、メインテナンスは良くされているし、落ち着いたいい部屋だな、なんて思ったりします。  唯一欠点と感…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ザ・リッツカールトン東京 その1(パブリックスペースその他)

 2012年2月、リッツカールトン東京に宿泊してきました。  リッツ東京には久しぶりの宿泊、当ブログでは初の紹介になります。 いままで2回利用しており、タワービュー及び新宿方面に宿泊しました。最初はクラブフロアでしたので、ラウンジからの眺めを楽しみ、残る眺めは一方向のみ、北東側です。方向的には東京スカイツリーがみえるはず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more